EXIT・兼近大樹の父親は国家資格持ちで職業は?24時間テレビの捏造・やらせ疑惑がヤバすぎる件!


チャラ男系漫才で現在大ブレイク中のEXIT。

そんなEXITの兼近大樹さんの父親がイケメンで似てると話題になっており職業について注目が集まっているようです。

また、クワガタ部屋や兼近大樹さんが24時間テレビに過去を捏造された疑惑についても気になるところです。

そこで今回は兼近大樹さんの父親や24時間テレビの疑惑について調べてみました!

父親がイケメンで職業は?

現在大ブレイク中のEXITですが兼近大樹さんの父親がイケメンだと話題になっており職業に注目が集まっているようです。

上記の画像を見ても分かるように2人の顔は似ており父親は若々しいですよね。

職業については「石狩住建工房」で働いているのではないかと一部で噂されていますが実は兼近さんの兄、祐輝さんのTwitterプロフィールに「石狩住建工房」のリンクが。

ので兼近さんの父親と石狩住建工房は関係ないのですがFacebookを見ると平成26年に国家資格「給水装置工事主任技術者試験」に合格していたようです。

同資格は難関の国家試験であり父親は会社を設立して自営業をしているのではないかと噂されているんだとか。

この件に関して詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

クワガタ部屋がヤバすぎる!

兼近大樹さんは過去のエピソードで貧困生活を送っていたと告白しています。

数年前に放送された水曜日のダウンタウンでも兼近さんは「山にクワガタやカブトムシを取りに行って売っていた」と貧乏エピソードを紹介しています。

実は兼近さんの家庭が貧乏だったのには理由があり、父親の勇治さんが趣味であるクワガタに月30万円も突っ込んでいた事が原因だったのでした。

兼近さんの父親は家族がいたにも関わらずクワガタのために数件の部屋を借りて月に30万円もクワガタに費やしていたそうです。

クワガタは観賞用だったためお金にならず嫁と離婚し、母親に引き取られた子供達は貧困生活を送ることに。

食べたい物が食べれず行きたい高校にも行けず、兼近さんは妹のために働くなど相当苦労されていた事が分かります。

ちなみに兼近さんが貧困だった理由を知ったのは最近の事なんだとか…

スポンサーリンク

24時間テレビが兼近大樹の過去を捏造して炎上

24時間テレビの「二宮和也のあの人に会いたくない」で兼近大樹さんが番組側に過去を捏造されて炎上しています。

同企画には兼近さんの元カノが出演したのですが、1週間前に番組からオファーが掛かり「兼近さんは二股していた」とスタッフから言われたのです。

番組では兼近さんの二股が原因で元カノと別れたと紹介されたのですが、放送後に元カノはYouTubeで24時間テレビの捏造とやらせを暴露して話題に。

元カノの釈明により、兼近さんの浮気や二股疑惑が番組側の捏造だったと判明。

さらに兼近さんは台本を見て「絶対にやだ」と訴えるほど、過去のエピソードがスタッフによって捏造されていたのです。

兼近さんはTwitterでテレビ業界の恐ろしさに触れ、相方のりんたろーさんも番組の捏造だとツイートしていました。

兼近さんが良い人すぎて、番組側が何か悪いエピソードを引っ張り出そうとしたのかもしれませんが、捏造は悪質ですし、いじめと一緒ですよね…

愛は地球を救うはずなのに、捏造番組を放送するとは。

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください