ALC貝塚学院・経営者の名前や顔画像は?月謝や計画破産説についても調査してみた!

スポンサーリンク

川崎区にある「A.L.C.貝塚学院」が突然、閉園と倒産をして問題になっています。

これを受けてネット上ではALC貝塚学院の経営者の名前や顔画像に注目が集まっており気になるところです。

さらに月謝や計画破産の噂についても注目が集まっているようです。

そこで今回はALC貝塚学院の経営者の名前や顔画像について、月謝や破産計画の噂について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

経営者の名前や顔画像は?

突如、破産・閉園したALC貝塚学院ですがネット上では運営会社と経営者の名前について注目が集まっており気になるところ。

どうやら、Twitter上で告発している被害者の方がおり経営破産の知らせを写した画像を載せていたようです。

これによりA.L.C.貝塚学院の運営会社は、

有限会社アメリカンラングエイジセンターである事が判明しました。

同会社は1974年から運営されており幼稚園の運営を40年以上もされています。

そして代表者は「鈴木美代子」さん。

代表取締役は「坂本節子」さん。

代表者と取締役の顔画像について調査してみましたが出回っていませんでしたが詳しい情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

月謝や入学金がヤバイ?

破産し、閉園したALC貝塚学院ですが月謝や入学金が高額だと言われています。

口コミサイトの情報によりますと、

  • 入学金30万円+債権
  • 債権1口5万円で2口以上の購入を強制
  • 満期は3年で利息付きで戻ってくる
  • 制服やバック、バス代合わせて20万円
  • 授業料約10万円
  • 夏休み前に約4万円
  • 9月前には5万円〜10万円
  • 冬休み前に7万円

高度な教育だからこそ、これだけお金がかかるのかもしれませんが夏休み前や冬休み前合わせて11万円も支払うのが謎ですよね。

ちなみに口コミには、

  • 高度な教育だから仕方ない
  • お金は何に使っているのか分からない

という声が上がっており裕福な家庭が通う幼稚園だった事が分かります。

スポンサーリンク

計画破産だった可能性?

入学式を目前にして破産した事から計画破産だった可能性が浮上しているようです。

既に在籍する園児らの保護者は来年度の学費を支払い済みで、これから入学目前の園児達も入学金や制服などを購入していました。

支払った途端に破産しているため、計画破産の可能性は十分に高いですよね。

キャッシュを手元に置いて破産していますし返金を免れるため早急に破産手続きしているところが確信犯で詐欺行為です。

破産での返金は難しいそうですが被害者となった保護者らが経営者に返金を求めるかもしれないので、今後の動きに注目です。

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください