24時間テレビの募金の使い道やギャラはどこから?障害者への出演依頼の実態が酷すぎる件!


世間では夏の風物詩となっている24時間テレビですが数々の闇があるそうです。

番組が放送されるまでに募金活動が行われていますが集まった募金の使い道について多くの注目が集まっています。

24時間テレビでは障害者の方が何かに挑戦する企画がありますがネット上ではやらせで出演オファーの実態が酷すぎるとの噂が。

そこで今回は24時間テレビで集まった募金の使い道や障害者の企画がやらせで出演オファーの実態について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

集まった募金の使い道とは?

チャリティー番組として扱われている24時間テレビですが募金活動で集まったお金の使い道について気になるところ。

毎年夏に行われる24時間テレビの募金活動ですが使い道について公表しています。

使い道について公式サイトでは、

  • 福祉
  • 環境
  • 災害復興

3つの項目への取り組みが記載されていますが出演者には高額のギャラが支払われていますし本当に全額寄付されているのか真相が気になるところです。

 

一部では集まった募金が出演者のギャラに使われていると噂されていますが、そのように噂されるのも仕方ありません。

 

24時間テレビはチャリティー番組と言いながら出演者に高額のギャラを支払っています。

 

チャリティーマラソンのランナーには平均で1000万円、嵐は5人で5000万円、過去には萩本欽一さんに対して2000万円のギャラが支払われたというのは有名な話。

これだけ高額なギャラが支払われているとなれば募金がギャラに回っているとしか思えませんが日テレはCM収入でギャラを支払っている事が判明しました。

過去に週刊誌が報じた2013年のデータではCM収入の合計が22億2750万円だと明らかになっており高額のギャラを払ってもお釣りが帰ってくる状態なのです。

つまり募金をギャラに回す必要すらないといったところになります。

 

しかしチャリティー番組なのにギャラが発生している時点で変な番組ですよね。

ビートたけしさんや明石家さんまさんはチャリティーなのにギャラが発生するのはおかしいと出演オファーを断り続けています。

寄付金の額が年々減り続けているのはこういった問題が原因なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

障害者出演オファーの実態が酷すぎる件!

24時間では障害者が何かに挑戦し感動を与えるという企画がありますが、この裏側であり得ない出演オファーの実態が存在。

 

 

こういった出演オファーの実態は数年前から週刊誌が報じておりオファーを断ると暴言を吐かれた方が多いそうです。

お涙頂戴や視聴率のために何が何でも出演させたいという腐った精神が信じられません。

このようなデータも存在していますし24時間テレビの時だけ障害者を出演させる日テレはどうかと思います。

Twitter上でも批判のコメントが、

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください