高田純次・当て逃げ事故の相手被害者が当たり屋と言われる理由は?Twitterや告訴取り下げが狙い説?


週刊文春によって明らかとなった高田純次さんの当て逃げ事故の疑惑。

ネット上では示談相手の被害者が当たり屋ではないかと噂されているようで理由について気になるところです。

また、被害者がTwitterアカウントを開設しているようで発信内容はどのようなものか。

そこで今回は高田純次さんの示談相手が当たり屋と言われる理由、Twitterでの発信内容について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

高田純次の示談相手が当たり屋と言われる理由?

当て逃げ事故の疑惑が浮上している高田純次さんですが被害者の示談相手が当たり屋ではないかと話題になっているようです。

どうやら、被害者が当たり屋と噂されている理由は証拠として録音した音声データを警察に提出せず、週刊文春に情報を提供したため疑惑が浮上したんだとか。

確かに、接触事故を起こしたのであれば警察をすぐに呼ぶのが普通ですが、被害者の男性は警察を呼んでおらず父親を呼び、高田純次さんとのやり取りを録音しています。

録音データは警察に提出するかと思いきや、まさかの週刊誌に売り付けるという行動から当たり屋疑惑が出てしまったようです。

擦っただけで全身打撲が怪しいという声も!

被害者の男性は全治2週間の全身打撲を負っているそうですが、擦っただけで全身打撲するのは不自然だと話題です。

医者は患者の話を聞いて診断書を書くことから被害者が保険を長くしようとして大袈裟にした可能性も浮上。

情報によると全身打撲は保険を使える期間を長くするための手段として、当たり屋などが使う事から被害者の男性が余計に怪しく思われているのでした。

スポンサーリンク

被害者がTwitterアカウント開設で発信内容は?

どうやら、被害者の男性はTwitterアカウントを開設したようですが、どういったツイートをされているのでしょうか。

被害者の男性は「当たり屋でもないし全身打撲は事実」とツイートされています。

しかし、全身打撲を負ったにも関わらず事故相手の高田純次さんは当初、接触事故に気づいていなかった事から被害者の主張が怪しいと突っ込まれているのでした。

どう主張しても周りは納得していないようなので事故した車の写真を載せるなりドラレコ動画を公開するなりしなければ余計怪しまれてしまうかもしれませんね。

本当の狙いは告訴取り下げの数千万なのか?

高田純次さんからの示談金と修理代合わせて120万円を受け取らなかった事から一部では憶測が相次いでいます。

告訴取り下げの示談金としての数千万円が最終的な目的でそれプラス、録音した音声は最初から週刊誌に売って金に変えるためだった説もあるためプロの当たり屋ではという噂もあるようです。

あくまでも被害者の行動を疑問に思った方々の憶測に過ぎませんが、事故してすぐ警察に通報しなかったのは不自然ですね…

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください