高崎商科大附属高校・体罰動画の40代教師の名前や顔画像は?撮影者の女子生徒は問題児でハメた可能性?

スポンサーリンク

群馬県の高崎商科大学附属高校で40代男性教員の体罰動画が大きな話題に。

ネット上では体罰動画に注目が集まっており真相について気になるところです。

さらに撮影者の女子生徒がハメたという情報もあるため、撮影者の名前や顔画像についても注目が集まっています。

そこで今回は群馬県の高崎商科大学附属高校の体罰事件の真相を調べてみました!

スポンサーリンク

高校教師が生徒に体罰で動画が大炎上している件

群馬県にある高崎商科大附属高校で40代の男性教師が生徒に体罰を与える動画がネット上で拡散され話題になっています。

事件発生時はスマートフォンのクラウドサービス「クラッシー」の使用方法を教える授業の時に起きたようです。

動画では無抵抗の生徒に対して教師が何度も体罰行為を行なっており到底許されざる行為ではありません。

しかし、授業中であるにも関わらず手前にいる女子生徒が机に座っている事から教師がハメられたのではないかといった噂も。

スポンサーリンク

体罰事件発生の真相とは?

担任教師による体罰事件ですが真相について迫ってみたところ、生徒側にも問題があったという情報が存在していたようです。

関係者情報によると被害者の生徒は障害を持っており、スマホを用いた授業をうまく理解出来なかった事で教師が激怒。

また、動画を撮影した女子生徒は全校で有名な問題児だったようで、授業中に話を全く聞こうとしていなかったとのこと。

授業中にも関わらず机の上に座っている女子生徒がいましたし、動画を見ればどういったクラスなのかが判断出来ますよね

問題児であり撮影者の女子生徒についても注目が集まっていますが、拡散されている動画ではアカウント名が隠されているため特定には繋がっていません。

問題児で怒りが溜まり、今回被害者となった男子生徒が上手く理解出来なかった事で体罰を働いてしまったようですが手を上げた時点でアウトですよね…

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください