馬淵優佳が中国人と言われる理由は?馬淵よしのとの関係とは!


 
馬淵優佳さんといえば元飛び込みの選手でそして現在妊娠中なのでとても幸せそうですよね!
 
馬淵優佳さんについて調べてみると「​中国人」や「​馬淵よしの」といった関連ワードが出てきますが一体どういう関係があるのでしょうか。
そこで今回は馬淵優佳さんの中国人という噂や馬淵よしのとの関係について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

馬淵優佳のプロフィール

 名前:馬淵優佳           (まぶち ゆか)
生年月日:1995年2月5日
年齢:22歳
出身地:兵庫県宝塚市
血液型:A型
身長:163㎝
最終学歴:立命館大学
所属:JSS宝塚スイミングスクール
配偶者:瀬戸大也
 
 
 馬淵優佳さんは3歳の時に水泳を始め、6歳の時には飛び込み競技をしていたそうです。
 
そこから才能を発揮し好成績を納めています。
 
●馬淵さんの成績一覧
 
2008年、日本選手権において辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。

2009年、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。

2011年世界選手権に出場したが、予選で敗退。

2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。
引用元:Wikipedia

馬淵優佳さんはその美貌から美人アスリートとして話題になっていました。
 

馬淵優佳と中国人の関係とは?

先ほども言いましたように馬淵優佳さんについて調べると「中国人」という関連ワードが出てくるので調べたところ、馬淵優佳さんの両親が中国出身ということが分かりました。
 
ちなみに現在は日本国籍に帰化しているので馬淵優佳さんも日本人となります。
 
関連ワードに中国人と出る理由は両親が中国出身だったという事ですね。

こちらが馬淵優佳さんの父親です。

B4A5B47D-CEFA-47DD-A375-E4D00C3CE7DC.jpg
 

実は馬淵優佳さんの父親は馬淵崇英さんという方で上海出身の飛び込み選手だったそうです。
 
中国は飛び込み大国であり、選手層が厚かった為、19歳という若さで飛び込み選手を引退して指導者の道へ進みました。
 
 
馬淵崇英さんは1998年に帰化して日本国籍を取得すると全日本ナショナルチームのヘッドコーチとして元飛び込み選手の寺内健選手を4度のオリンピックに導いています。

現役の時に活躍していなくても指導者として花が咲くというのはよく聞く話です。
 
競技は変わりますが甲子園常連校である大阪桐蔭の西谷監督は現役時代は活躍できず指導者として花が咲き、今では名指導者となっていますね。

スポンサーリンク

馬渕よしのとの関係について

​馬淵優佳さんについて検索すると「馬渕よしの」という関連ワードが出ますよね。
 
全く知らない人物なので調べてみると馬淵よしのさんという方は元飛び込みの選手だったそうで、ただの飛び込み繋がりの関係ではないんだとか。

上海に住んでいた馬淵崇英さんを日本に呼んだ方が、馬渕よしのさんの母の馬淵かの子さんだったと言われています。

ちなみに中国には帰化する際にお世話になった方の姓を名乗るという風習があるみたいで馬渕姓を少しだけ変えて馬淵という姓を名乗っているそうです!

 

馬淵優佳は現在妊娠中!

​瀬戸大也選手と馬淵優佳さんは今年2017年に結婚し現在は妊娠中だそうです。2人とも水泳競技界のトップ選手ですので生まれてくる子はきっと才能がありますよね!
 
サラブレッドなのでもちろん水泳をさせる可能性が高いのではないでしょうか。

2018年6月に出産予定であると公表していますので生まれるのも残り少しです。

スポンサーリンク

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください