門脇麦のぬれ湯と菅田将暉の関係がヤバすぎる件!


2018年新日曜ドラマ「トドメの接物」でヒロインを務める門脇麦さんが注目されいます。大晦日に放送されたガキの使いではメンバー5人を面白く貶していくなど大きく話題になりました。

そんな門脇麦さんですが検索すると「ぬれ湯 菅田将暉」と表示されますが一体どういう事なのでしょうか。また「愛と鍋 前貼り」とも表示されているのでそちらも気になるところです。そこで今回は門脇麦さんのぬれ湯菅田将暉や愛と鍋前貼りについて詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​​​​​門脇麦のプロフィール

​​名前:門脇麦 (かどわき むぎ)
生年月日:1992年8月10日
年齢:25歳
血液型:B型
出身地:東京都
最終学歴:東京都立狛江高等学校
身長:160㎝
職業:女優
活動期間:2011年〜
所属事務所:ユマニテ

門脇麦さんは幼い頃からバレリーナを目指してクラシックバレエに没頭していましたが中学二年生の時に限界を感じでしまいバレリーナという目標は断念したそうです。

そこでバレエに代わるものを模索した結果、高校生の時に見た映画で宮崎あおいさんな蒼井優さんの演技を見た事がきっかけで役者になりたいという目標が生まれました。

そして高校を卒業する時に芸能事務所に書類を送付し卒業後に芸能事務所に所属して芸能界入りしました。2011年に放送された「美咲ナンバーワン」で女優デビューを果たしています。

その後は数々のドラマや映画に出演し時にはヌードに挑戦するなど高い演技力に注目が集まっているそうです。
スポンサーリンク



​​門脇麦のぬれ湯と菅田将暉の関係とは?

​​最初に説明したように門脇麦さんについて検索すると関連ワードに「ぬれ湯 菅田将暉」と表示されますが一体どういう関係があるのでしょうか。

ぬれ湯というヒットしたワードを見る限りパット見では「ぬれ場」と思った方が多いかもしれませんがよく見ると「」ですね(笑)

この件について調べたところ門脇麦さんは2014年に公開された映画「愛の鍋」で大胆なぬれ場に挑戦しており、真面目そうな女子大生で実は驚くほど性欲を持った役を演じた事で話題になった事があるそうです。

この映画に出演した時は女優デビューしてまだ3年目だったので結構体を張っていますよね。ちなみに2015年に公開された映画「闇金ウシジマくん」でもぬれ場を演じていたようです。

そして菅田将暉さんとの関係についてですが愛と鍋では関係しておらず「二重生活」という映画で共演しぬれ場を演じていました。

劇中で門脇麦さんと菅田将暉さんは恋人同士だったのでベッドでのキスシーンが結構刺激的だったらしく大きな話題になったそうです。菅田将暉さんのファンがこれを見たら間違いなくショックを受けて嫉妬するかもしれませんね(笑)
スポンサーリンク



​​映画「愛と鍋」では前貼りしていた?

​​先ほども説明したように門脇麦さんは映画「愛と鍋」でぬれ場を演じていたそうですがネット上では「前貼りしていたのではないか?」と話題になっているようです。

調べてみたところ門脇麦さんはぬれ場シーンを演じる際に「前貼り」していたのは事実のようで流石にフルヌードは厳しかったのかもしれません。

ちなみに前貼りは下半身だけにしており、バストは大胆に披露していたみたいで刺激の強いシーンだったとされています。2018年の新日曜ドラマでヒロインを務める女優が過去にぬれ場でバストを大胆に披露していたと皆が知れば驚くこと間違いなしですね!

門脇麦さんのヌードについて検索すると見ることが出来ますのでどうしても気になった方は見ると良いかもです。

門脇麦さんはこれから間違いなく人気が爆発すると言われているので過去に演じたぬれ場シーンはお宝化するに違いないと思います。

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください