鍋パワハラした芸能プロ社長の名前や顔画像は?傷害罪ではなく殺人未遂だと話題に!


芸能プロダクション社長が従業員の顔を鍋に押さえつけて火傷を負わせるという衝撃のパワハラ動画を週刊新潮が公開しました。

これを受けてネット上では芸能プロダクション社長の名前や顔画像に注目が集まっており真相について気になるところです。

また、パワハラではなく完全な殺人未遂だと話題になっています。

そこで今回は従業員の顔を鍋に押さえつけた芸能人事務所の名前や社長の顔画像について詳しく調べてみました!

◯関連記事

鍋に顔のY社長はMELMの増渕良亮で顔画像や経歴は?被害者Twitterアカウントについても!

スポンサーリンク

芸能事務所で壮絶なパワハラ

こちらは11月20日に週刊新潮が報じた動画であり芸能プロダクションの社長が男性従業員の顔を熱々の鍋に押さえつけています。

事件があったのは2015年12月20日で当時25歳だった社長は忘年会で場を盛り上げるため23歳だった従業員の顔をグツグツに煮えたぎった鍋に押し付けたのです。

男性は顔全体を火傷しておりケロイド状になってしまっています。

出典:週刊新潮

これがパワハラで済まされるのは訳が違いますし頭を押し付けた社長は人の痛みが全く分からない方なのでしょう。

罪を償わせるには同じ事をしてあげるのが一番良いのではないでしょうか。

それに、その場で盛り上がっているタレントさん達もみな同罪だと思います。

スポンサーリンク

芸能プロダクションは渋谷区のどこで社長は?

衝撃的なパワハラを行っていた芸能プロダクションの社長ですが、名前や顔画像の特定を求む声が殺到しています。

週刊新潮の情報では、

  • 渋谷区の芸能プロダクション
  • Popteenの元モデルが所属している
  • 事件当時は25歳

とのことで渋谷区内には芸能事務所が155カ所もあり、どの事務所にも元モデルが所属しているので現段階で特定するのは困難だと思われます。

分かっている事は2018年現在で社長の年齢が27歳ということのみ。

公開された映像も社長の手だけしか映っていませんので特定は難しいですね。

動画を何回見ても虫唾が走りますし、社長は被害者の男性から同じことをされるべきだと思います。

芸能プロ社長について新たな情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

パワハラではなく殺人未遂?

出典:週刊新潮

こういった悪事がパワハラという言葉で片付けられてはいけません。

傷害罪というよりも殺人未遂レベルの事件ですし顔面を火傷したという事で被害者は現在も火傷の跡が残っているはずです。

ちなみに社長は「悪ふざけだった」と事の重大さを全く分かっておらず、自分は100%悪い訳ではないと言っているようなもの。

悪ふざけだからといって部下の顔を鍋に押し付けるのは流石に頭がおかしいですし、自分の顔を突っ込めば良かったのです。

韓国IT企業社長のパワハラやこれまで日本で報じられたパワハラの中で一番悪質なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください