注目キーワード

鈴木杏樹・山口組と西城秀樹の関係とは?夫の病名や死因、文春写真についても調査!

  • 2020年2月5日
  • 芸能
  • 227回
  • 0件

女優の鈴木杏樹さんが歌舞伎役者の喜多村緑郎さんと不倫していた事が判明。

鈴木杏樹さんについて検索するとサジェストに「山口組 西城秀樹」と表示され真相について気になるところです。

また、死別した夫の病名や死因についても注目が集まっています。

そこで今回は鈴木杏樹さんと山口組、西城秀樹さんの関係、夫の病名や死因について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

サジェストの山口組と西城秀樹の関係について!

最初にも説明したように鈴木杏樹さんについて検索するとサジェストに「山口組 西城秀樹」と表示されますが、どういう事なのか。

この件について調べてみると鈴木杏樹さんが山口組の人間と愛人関係だったという噂がありますが、詳しくは西城秀樹さんの姉にそういった噂があったみたいです。

西城秀樹さんの姉である木本絵理子さんは山口組の宅見勝さんと愛人関係にあったと言われているそうです。

宅見勝さんについての情報がこちら。

バブル期を通して金融や不動産などのフロント企業を使い蓄財した2000億円とも言われる豊富な資金を背景に、渡辺芳則を首領に据えた五代目山口組の発足立役者として関与。

山口組のナンバー2にあたる若頭として3万6000名を擁する山口組の事実上の仕切り役として活動し、“山口組の金庫番”と呼ばれた。

調べたところ、宅見さんは山口組直三になる以前の福井組の最高幹部を務めていた頃、大阪市南区玉置町にあったクラブ「朱雀」でホステスとして働いていた木本絵里子さんと愛人関係になっていたようです。

ちなみに鈴木杏樹さんには全く関係のない話であり、サジェストに表示されるようになった原因については不明です。

スポンサーリンク

死別した夫の死因や病名とは

鈴木杏樹さんは元夫の山形基夫(やまがた もとお)さんと死別されていますが死因や病名について気になるところです。

山形基夫さんは鈴木杏樹さんの13歳年上であり駿河台日本大学病院外科部長を務め、テレビ番組で「がんの権威」として紹介されるほどの名医だったそうです。

鈴木杏樹さんが腸閉塞の病気を患った際に手術を担当したのが山形さんで、交際に発展して電撃結婚されていました。

山形さんは重い内臓疾患を患い、2012年に肝臓移植をする為、ボストンに移りますが手術前日の2013年2月1日に亡くなられています。

スポンサーリンク

妻子持ちの歌舞伎俳優と不倫

夫と死別している鈴木杏樹さんですが2020年2月5日に週刊文春が喜多村緑郎さんとの不倫をスクープしています。

喜多村緑郎さんは2013年に元宝塚歌劇団宙組トップスター・貴城けいさんと結婚。

鈴木杏樹さんと喜多村さんは2019年10月から1カ月にわたり京都南座で催された舞台での共演がきっかけで出会い、昨年の暮れに不倫関係が始まったとされています。

スクープでは2人が人目を憚らずにキスやハグをする様子がキャッチされ、その後はホテルに直行するなど不倫関係が露わに。

鈴木杏樹さんは夫と死別されているので天国で見守っている夫は悲しんでいるでしょうし東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫が大炎上したばかりなので、批判が殺到するかもしれませんね…