酒鬼薔薇聖斗の現在の顔画像や嫁は?本名KMで子供は女の子、住所や住まいについても調査!

スポンサーリンク

1997年に兵庫県神戸市で複数の児童を狙った連続殺傷事件の犯人、酒鬼薔薇聖斗。

ネット上では酒鬼薔薇聖斗の現在の本名や嫁について、住まいや住所、子供や親について注目が集まっているようです。

そこで今回は酒鬼薔薇聖斗の現在の本名や嫁や住所、子供について調べてみました!

スポンサーリンク

酒鬼薔薇聖斗の現在の本名や顔画像について!

1997年に世間を震撼させた事件で大きく注目された少年Aこと酒鬼薔薇聖斗ですが現在の本名や顔画像について注目が。

本名については2015年に週刊ポストが「少年法で守られる必要があった18年前とは違う」という理由から本名と顔写真を公開。

酒鬼薔薇聖斗の本名は「東慎一郎」であり現在は既に改名をして「K.M」というイニシャルである事が分かっています。

ちなみに東慎一郎から西岡真に改名したという噂がありますが、もしかすると西岡真からK.Mという名前に変わった可能性も。

2015年10月1日号の「女性セブン」では当時33歳だった酒鬼薔薇聖斗を掲載。

2015年の時に33歳という事は2019年現在は37歳である事が分かります。

現在ものうのうと生きている事を考えると許せませんし、少年法がどれだけ意味がないかがよく分かります。

スポンサーリンク

現在は結婚して嫁と子供が

酒鬼薔薇聖斗は現在嫁と子供がいるようで幸せな生活を送っているんだとか。

驚くことに酒鬼薔薇聖斗が過去に出版した絶歌では「結婚式の招待状を遺族に送った」という驚きの記述が。

結婚した嫁について注目が集まっていますが名前や顔画像は特定されていません。

子供については女の子で絶歌には「子供が生まれて自分のやった罪の重さを知った」と記載されているようです。

絶歌を出版した時は遺族の反対を押し切っており、本では自分が犯した犯罪を美化したように描かれているのです。

こんな奴と結婚した嫁が意味不明ですし父親が凶悪犯罪者だった事実を知らない娘が可哀想だと思います。

スポンサーリンク

現在の住所や住まいについて

現在ものうのうと生きている酒鬼薔薇聖斗ですが現在の住所や自宅、住まいについて気になるところです。

どうやら、2015年に週刊文春が公開した画像から酒鬼薔薇聖斗は足立区UR花畑団地ではないかと言われていました。

さらに最寄りのショッピングモールはベルクス足立花畑店という特定情報まで出回っていた事から酒鬼薔薇聖斗はまた別の場所に引っ越したと言われています。

現在住所については週刊誌が居場所を突き止めて報じない限り、特定に繋がる手掛かりがありません。

ちなみに週刊文春が酒鬼薔薇聖斗の居場所を突き止めて取材した時には「お前ら命がけで来ているのか?」と脅迫していたようですが週刊誌は追い続けるべきだと思います。

スポンサーリンク

母親もクズで本を出版していた件について

全く反省していない酒鬼薔薇聖斗ですが母親もクズで本を出版していたようです。

酒鬼薔薇聖斗が本を出版したのは2015年でしたが両親が出版したのは1999年と自身の息子が凶悪な事件を起こした2年後です。

相当な印税収入を得たようですが両親は被害者遺族に1円も支払う事なく「弟たちの大学費用」という名目で支払っていません。

この両親ありきの酒鬼薔薇聖斗という事がよく分かりますし、両親の現在について調べてみましたが情報がありませんでした。

おそらく、改名して現在ものうのうと生きている事でしょう。

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください