逸見政孝のガンが前田外科の誤診と言われる理由は?たけしとの関係についても!


1993年に48歳という若さでお亡くなりになった人気アナウンサーの逸見政孝さん。

死因はガンと公表されていますがネット上では前田外科の誤診が原因だと噂されているようで真相が気になるところです。

さらにビートたけしさんが弔辞を読む事が出来なかった理由についても気になります。

そこで今回は逸見政孝さんの死因に前田外科の誤診が関係している噂や嫁や娘の現在について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

逸見政孝のプロフィール

名前:逸見政孝 (いつみ まさたか)
愛称:いっつみい
生年月日:1945年2月16日
没年齢:48歳
血液型:不明
出身地:大阪府大阪市阿倍野区
出身高校:大阪府立阿倍野高等学校
最終学歴:早稲田大学第一文学部
職業:元フジテレビアナウンサー
活動期間:1968年〜1993年
所属事務所:オフィスいっつみい

死因に前田外科の誤診が関係と言われる理由は?

逸見政孝さんは48歳という年齢で死去されており死因はスキルス胃がんでした。

そんな中ネット上では死因に前田外科の誤診が関係していると噂されているようで真相について気になるところです。

逸見政孝さんはタバコの吸い過ぎや未分化がんが原因で進行の発見が遅れたと言われており3回の手術を行っています。

内視鏡検査で早期ガンと診断され最初に行った手術で進行が早い悪質なスキルス胃がんという末期ガンだと判明していたようです。

2回目の手術を行うも手がつけられず無意味な結果となりました。

前田外科はこれ以上の胃がんの再手術は無理と判断し逸見さんに放射線治療を勧めますがこの判断に納得がいかなかった逸見さんは東京女子医大病院で再手術を決意し総重量3kgに及ぶ大手術を行なっています。

広範囲にわたって患部が切除されたため回復力を失い、追い討ちをかけるように抗がん剤治療が行われ、3ヶ月後に死去。

ネット上ではこの大手術で執刀医を担当した前田外科の方の誤診と言われていますが逸見さんと相談して本人の気持ちを優先したのではないかと推測されています。

どちらにしても手遅れだったのかもしれませんが医者は苦渋の決断だったでしょうね。

なので前田外科は誤診しておらず逸見さんの意思を守った結果、お亡くなりになってしまったという事になります。

◯関連記事

安藤優子の嫌われる理由とは?若い頃やカップについても調査!

スポンサーリンク

弔辞はたけしが担当だった

逸見政孝さんへの弔辞は山城新伍さんが読まれていましたが実はビートたけしさんが担当だった話は有名です。

たけしさんは悲しさのあまり泣き崩れて読める状態ではなかったといいます。

これを見た山城新伍さんは「これを読むと余計辛いだろうから代わりに自分が読むよ」と言って代わりに読んだそうです。

逸見政孝さんとたけしさんは、ひょうきん族やオールナイトニッポン、平成教育委員会で共演しており親友同士の関係でした。

ガンの再発で入院する事実を逸見さんから告げられた、たけしさんはその日から告別式の日までお酒を断ち、病室へ見舞いに行った際に逸見さんの変わり果てた姿にショックを受けて告別式の日まで仕事を全てキャンセル

たけしさんは、

いい人ばかり先に死んじゃうんだ。俺がもっと悪いことを教えてあげればよかった

と涙ながらに語っており告別式の日には参列者席でずっと号泣していたのです。

このエピソードを聞けば逸見さんとたけしさんがどれ程の関係だったか分かりますよね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください