衣笠祥雄の死因は大腸ガン!声のかすれが関係していた?


広島東洋カープの中軸打者として活躍し2215試合連続出場で鉄人と呼ばれた衣笠祥雄さんが死去したと報じられました。

71歳でお亡くなりになられた衣笠祥雄さんの死因について注目が集まっており大腸ガンだった事が明らかとなりました。

そこで今回は衣笠祥雄さんの死因が大腸ガンだった件や声のかすれとの関係について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​衣笠祥雄の死因は大腸ガン!

広島東洋カープの鉄人と呼ばれていた衣笠祥雄さんが4月24日に死去した事が報じられ大きな話題となっています。

衣笠祥雄さんは2215試合連続出場の記録を持ち赤ヘル軍団として活躍されていました。

衣笠祥雄さんの死因について調査してみたところ大腸ガンだった事が判明しました。

どうやら4月19日にプロ野球の試合で解説を務めていたそうですが声が極端に枯れていたらしく心配の声が上がっていたみたいです。

スポンサーリンク

声のかすれが関係していた?

​​主に解説者として活動されていた衣笠祥雄さんですが4月19日のプロ野球の解説をしていた際に声が異常に枯れていたそうでTwitter上でも話題となっていました。

この様子に野球ファンからは心配の声が沢山上がっていたようです。

しかし、この時は風邪の影響で声が枯れていたと言われていましたが一週間後に死去したことを考えると風邪が原因だけでは無かったように思えます。

最近の衣笠祥雄さんはは表情が硬く見える事があったため一部では癌の闘病中だったのではないかと噂されてました。

​​​​現役時代は赤ヘル軍団として活躍されていましたし活躍が懐かしいですね。

衣笠祥雄のプロフィール


​​引用:http://www.asahi.com/relife/special/festival/11090900

​​名前:衣笠祥雄 (きぬがさ さちお」
愛称:鉄人
生年月日:1947年4月23日
没年齢:71歳
血液型:不明
出身地:京都府京都市東山区
身長:175㎝
出身高校:平安高等学校
出身チーム:広島東洋カープ
プロ入り:1965年
職業:野球解説者、元プロ野球選手
所属事務所:キャストプラス

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください