藤本理稀くんに誘拐説?祖父が他人事と言われる理由や父親についても調査!


8月12日から山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀くんが保護されました。

奇跡的に保護された藤本理稀くんですがネット上では「誘拐されていなのではないか」と噂されており理由が気になります。

さらに祖父が他人事すぎるだろと批判されているようで藤本理稀くんの父親についても気になるところです。

そこで今回は藤本理稀くんが誘拐されていたという噂や父親が他人事すぎる件や父親について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

藤本理稀くんのプロフィール

名前:藤本理稀 (ふじもと よしき)
生年月日:2016年8月13日
年齢:2歳
住所:山口県防府市

藤本理稀くんは4人兄弟の三男で山口県周防大島町にある母親の実家に帰省。

8月13日に祖父と3歳上の兄と一緒に歩いていましたが家から100mのところで「帰る」と言い出し、祖父は理稀くんを一人で帰らせたとされています。

理稀くんは100mの間で行方が分からなくなり3日後に自宅近くの山中にある沢付近で大分からボランティアで参加していた男性が発見した無事に保護されました。

スポンサーリンク

誘拐されていた説とは?

行方不明になってから3日後に奇跡的に発見された藤本理稀くんですがネット上で何者かに誘拐されていなのではないかとの噂が。

ちなみに理稀くんが発見された当時、成人男性が一緒にいた事からネット上ではこの男性が誘拐していたのではないかと推測されていましたが14日からボランティアで参加していた男性だった事が判明しています。

この話は別にして2歳の子供が炎天下の中歩き回り、2日間も一人で夜を過ごしたのは不思議としか思えません。

ご飯や水分無しで3日間もどのように過ごしていたのか本当に謎ですし近所の方が保護していたのではないかといった声が上がる理由も分かりますよね。

稀くんが喋れるという事で今後、母親が理稀くんに3日間をどう過ごしていたのか聞くはずでしょうし、新たな情報が入り次第早急に追記したいと思います。

祖父が他人事すぎる?

日本中が心配した理稀くんの行方不明事件ですが奇跡的に発見された一方でネット上では祖父が他人事すぎると批判が殺到。

理稀くんの祖父はインタビューに笑顔で答えたり態度に違和感があった事で他人事すぎると批判されたようですが、きっと思わぬ事態に祖父も気が動転していたのでしょう。

しかし流石に2歳の子供が帰るといって帰らせて目を話すのは危険すぎたと思います。

視野が狭い訳ですし、必ず100m先の家に帰りつくとは限りませんからね。

理稀くんの父親は?

無事に保護された理稀くんですがネット上では父親の存在に注目が集まっているようで真相が気になるところ。

理稀くんは4人兄弟という事で父親について気になるところですがメディアでは理稀くんの父親について触れられていますのでおそらくシングルマザーの家庭だと思われます。

今回の行方不明事件で父親もかなり心配したことでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください