藤崎宮秋例大祭(ボシタ祭り)の由来や意味がヤバイ件!鞭打ち男の団体名や顔画像は?


現在多くの批判が殺到している熊例大祭、通称”ボシタ祭り”。

とある団体の馬虐待動画が拡散されておりネット上では虐待を行った団体名や執拗に鞭打ちした男性の名前、顔画像に注目が集まっているようです。

さらにボシタ祭りの由来が民族差別用語でヤバイとの声があり真相が気になるところ。

そこで今回は藤崎宮例大祭で馬虐待を行った団体の名前や鞭打ちした男性の名前、顔画像やボシタの由来について調べてみました!

スポンサーリンク

馬虐待動画が酷すぎる!

毎年秋に熊本市内で行われる藤崎宮秋例大祭通称”ボシタ祭り”ですが一部の団体による馬への虐待行為に批判が殺到しています。

ボシタ祭りで使用される馬が動けないように固定され、男性が後ろから鞭で執拗に叩いている事が確認出来ます。

痛みに耐えきれなくなった馬は後ろ蹴りして防御しようとするのですが、その後も鞭打ち行為が繰り返され非常に胸糞の悪い光景が全国に知れ渡ったのです。

この団体のせいでルールを守っている他の団体までもが批判の対象となりネット上では

ボシタ祭り=馬虐待祭り

と称されるなど祭り全体のイメージが悪化しているようです。

スポンサーリンク

馬虐待した団体名や鞭打ち男の名前、顔画像は?

ネット上では馬に対して執拗に虐待行為をした団体の名前や鞭打ち男の顔画像について注目が集まっているようです。

虐待行為を行っていた団体の名前について調査してみましたがネット上では団体名について特定されていませんでした。

また、鞭打ち男の名前や顔画像についても特定はされていないようです。

動画でも後ろ姿しか映っていませんし名前や顔画像を特定するのは難しいと思われます。

この件に関して新たな情報が入り次第早急に追加させていただきます。

◯関連記事

藤崎八旛宮秋季例大祭(ボシタ祭り)の馬虐待動画がヤバすぎる!腕組み会長の名前は猪本恭三で顔画像も特定される!

スポンサーリンク

ボシタ祭りの由来がヤバイ?

参加者や客達の間ではボシタ祭りと呼ばれている事が多いですが”ボシタ祭り”の由来が民族差別でヤバイと言われています。

由来に加藤清正が関係していたり、滅ぼしたという意味があったりと普通に使われている言葉ですが意味を知れば恐ろしいですね。

現在も当たり前のように使われているボシタという言葉ですが、名前の由来を知らない方が結構いるのかもしれません。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

藤崎宮秋例大祭(ボシタ祭り)の由来や意味がヤバイ件!鞭打ち男の団体名や顔画像は?」への1件のフィードバック

  1. のり

    今、藤崎八旛宮に電話をした。
    祭りは、毎年赤字の中でやってると…
    神様の為にやってると…
    赤字ならやらなきゃいい!
    神様の為に馬虐待かよ!
    くだらない、人間共だけでやらりゃ〜いいんぢゃ
    ないか?いい年したオッサンが、馬鹿騒ぎしたいだけだろ!神の為と思ってやってる奴なんて居ないね!
    不愉快すぎる!
    馬の優しい目。涙が出る。
    何で、そんな事出来るのか。知っていた奴、
    可哀想と思いながらも仕方ないと思って来た奴…
    祭りに関わってた奴…みんな同罪だょ!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください