藤吉久美子の文春画像がヤバすぎる!第2弾の可能性は大?


12月13日に女優の藤吉久美子さんと朝日放送プロデューサーの深沢義啓さんの不倫疑惑が報じられましたが14日に藤吉さんは取材で涙ながらに「不倫疑惑を否定し、離婚する考えがない」という事を明かしました。

また夫である太川陽介さんも会見を開き、妻が不倫を否定した事について「僕は信じる。離婚はしない」と言い切ったそうです。

騒動は治るかと思いきや、これまでの週刊文春のパターンを考えると「否定した時には必ず第2弾が存在する」という事ですよね。

そこで今回は週刊文春が報じた画像や第2弾の可能性について詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​藤吉久美子と深沢義啓の不倫疑惑について振り返ってみよう!

​​12月13日に文春砲が報じたのは女優の藤吉久美子さんと大阪朝日放送プロデューサーの深沢義啓さんの不倫疑惑ですが報じられた内容を振り返っていきましょう。

11月11日の午前中に自宅を出た藤吉さんは自宅から徒歩3分の所にあるバス停へ向かいバスに乗ると港区にある深沢義啓さんの自宅マンションへ。

藤吉さんは合鍵を持っていたようでマンションの裏口からスムーズに入って行く姿を文春記者にしっかりとキャッチされています。

ちなみに不倫相手とされる深沢義啓さんは既婚者で在坂テレビ局のゼネラルプロデューサーを務めており朝日放送のドラマ部門ではトップの役職と言われているようです。

そして深沢さんは単身赴任で東京支社に勤めているため密会逢瀬を重ねるには十分な時間と場所が設けられていたとのこと。

藤吉さんは深沢さんのマンションに2時間程滞在すると深沢さんが1人で部屋から出て、藤吉さんはその1時間半後にマンションから出てくるとそのままタクシーで去っていったといいます。

また11月14日には銀座の木村屋で2人で夕食を楽しんでいる様子をキャッチされており17日はロケ現場で合流し、表参道のフードコーディネーターであるマロン氏の誕生日パーティーに2人揃って出席したようです。

11月23日に2人の姿は宮崎県都城市に。

出典:週刊文春

地元の島津発祥祭りに招待されていた藤吉さんの傍らには深沢さんの姿があり常に寄り添っていたとのこと。

イベントが終わると2人は同じホテルのフロアに宿泊し最初はしばらくそれぞれの部屋で過ごしていましたが深沢さんは自分の部屋を出ると吸い込まれるように藤吉さんの部屋に入っていったとされています。


出典:週刊文春

深沢さんは翌日の朝まで部屋に滞在しており深沢さんが部屋から出てくると約15分の時間差で藤吉さんも部屋から出てきたのです。

その後2人はレストランで一緒に食事をし、この日は藤吉さんのライブが行われる日でライブが終わると2人は再び同じホテルに宿泊して同じ部屋で夜を共にしています。

12月上旬には夫である太川陽介さんが旅ロケ収録のため京都出張で不在になるや否や同月4日にキックボクシングジムで汗を流した後、深沢さんの自宅に向かい2時間程滞在していました。

また6日には午前中から13時半頃まで深沢さんの自宅マンションに滞在。

12月9日には夫の太川陽介さんが運転する車の後部座席に藤吉さんが乗っており駅まで送ってもらうと地下鉄に降りて行くふりをしてタクシーに乗り向かった先は深沢さんの自宅マンションでした。

この日も2時間程滞在し藤吉さんがマンションを後にすると数分後に深沢さんも出てきて藤吉さんの後を追うように歩いていましたが深沢さんは足早になると2人の距離が一気に縮まりその様子をしっかりと激写されています。

週刊文春からの直撃取材を受けた2人は不倫疑惑をキッパリ否定しましたが、これだけ逢瀬を重ねまたは夫を使って深沢さんに会いにいっていたくせに否定するってどういう神経しているのでしょうか。

取材で涙ながらに不倫疑惑を否定した藤吉さんですが、はっきり言って男女の関係でない訳がないですし藤吉さんのコメントはツッコミどころ満載の言い訳ですよね。

果たして文春第2弾の存在はあるのでしょうか?

◯関連記事

藤吉久美子の水着画像がセクシーすぎると話題に!

スポンサーリンク



​​文春第2弾の可能性は大なの?

​​逢瀬を重ねまくっていたにも関わらず、不倫疑惑をキッパリと否定した藤吉久美子さんですが疑惑を「否定」した時にトドメを刺すのが週刊文春です。

今年報じられた数々の不倫スクープでは疑惑を否定した時に必ず第2、第3の矢が放たれ泣く泣く認めざる負えなくなった芸能人が結構いましたね。第2弾や第3弾でかなり話題になったのは女優の斉藤由貴さんの不倫問題です。

彼女は確実な証拠が報じられたにも関わらず嘘をつき続けたため第2弾が登場、それでも否定したため第3弾が登場し不倫を認めました。

つまり藤吉久美子さんが今回不倫疑惑を否定した事によって週刊文春は第2弾を報じる準備をしている可能性が高いと言えます。第2弾で否定すれば第3弾が登場すると思いますので早々と認めた方が楽になるのではないでしょうか?
スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください