藤吉久美子の会見が演技すぎて嘘発覚か!?


12月15日に謝罪会見を開き涙ながらに不倫疑惑を否定した藤吉久美子さんですが現在もニュースで取り上げられており様々な議論があがって騒動が鳴り止まない状態です。

そんな中でネット上では藤吉久美子さんの謝罪会見に注目が集まっているようで号泣していたのは演技で嘘泣きだったのではないか?という声が沢山上がっています。

そこで今回は藤吉久美子さんの号泣謝罪会見が演技で嘘泣きだったかについて詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​藤吉久美子の号泣会見は演技だった?

​​12月15日に謝罪会見を行った藤吉久美子さんですがネット上では号泣しながら謝罪する姿がいかにも演技で嘘っぽいという声が沢山上がってるようです。

確かに男女の関係ではないと不倫関係を否定しましたし、あそこまで泣く必要は無いのでは?と疑問に思っている方が多かったみたいですね。

藤吉久美子さんの会見を見たところ取材陣の待つ場所に向かう際に女優スイッチを入れて取材が始まると同時に泣きモードに入ったように見えました。

不倫疑惑について否定した時には「この世の終わり」といった様な泣き方でしたが全然涙が出ていなかった事が確認できます。

やはり本人が女優という事もあるので号泣記者会見は完全な演技だったと言われても仕方ありませんね。

本当に泣きたいのは藤吉久美子さんではなく夫の太川陽介さんだったのではないでしょうか。
スポンサーリンク



​​不倫疑惑の言い訳が嘘っぽすぎる?

​​藤吉久美子さんは謝罪会見で不倫疑惑を否定しましたが不倫相手とされる男性とホテルで一夜を過ごした事について「身体をほぐしてもらっていた」とコメントしました。

こんな嘘っぽい言い訳を信じる方なんているのでしょうか?(笑)この説明に対して太川陽介さんは「絶対疑うよね!?」とコメントしており、まさにその通りだと思います。

藤吉久美子さんは宮崎県都城市で招かれた祭りやイベントで疲れが溜まっていたため不倫相手を部屋に読んでマッサージをしてもらったと説明しましたが部屋から出てきたのは翌日ですし完全な言い訳です。

さらに女性の身体に触れていたとなれば男性は間違いなく変な気持ちになるはずです。

一つの部屋で男女が翌日の朝まで過ごしていたのに何もなかったと言われても中々信じられませんからね。

また男性の自宅マンションに合鍵を待って出入りしていた事に対しては「事務作業をするためだった」とコメントしていましたが直撃取材の時はすぐに答える事が出来ていませんでした。

もし本当にただの仕事の関係であったならば直撃取材の時にすぐ答えられたはずです。

今回の謝罪会見で不倫疑惑を否定しましたが、これを受けて週刊文春が今後どのような動きを見せるのかに注目ですね。

​​太川陽介の会見に称賛の嵐だか怖いの声も!

​​妻の不倫疑惑に対して会見を行った太川陽介さんですが会見中では怒りを見せる事もなく不倫疑惑に対して「それはない」と妻を信じている様子でした。

さらに大勢の報道陣の前では常に笑顔を見せていた太川陽介さんに称賛の嵐で「男らしい会見だった」といった声がたくさん上がっていましたね。

バイキングの司会を務めている坂上忍さんも会見に対して「普通の男性には決して出来ない」と絶賛していましたが太川さんが見せていた笑顔が不自然すぎて怖いと言われているようです。

確かに号泣していた藤吉久美子さんに対して太川陽介さんは笑顔と不思議な感じてでした。そういった事から太川陽介さんには「モラハラ」や「DV疑惑」が浮上しましたが実際はどうなんでしょうね。

もし週刊文春が第2弾を出したとなれば藤吉久美子さんはより追い込まれて太川陽介さんは我慢していた怒りが爆発するかもしれません。
スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA