落合福嗣の伝説集!女子アナ事件や子供時代がヤバすぎる!


2018年4月29日に放送される「さんま転職DE天職7」に落合博満さんの長男・落合福嗣さんが出演するそうです。

落合福嗣さんといえば幼少時代に好き放題にやっていた事から悪ガキと呼ばれ過去に女子アナの胸を触るなど様々な伝説があります。

そこで今回は落合福嗣さんの子供時代の伝説について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

落合福嗣のプロフィール

名前:落合福嗣 (おちあい ふくし)
愛称:フクシくん
生年月日:1987年8月20日
年齢:30歳
血液型:O型
出身地:愛知県名古屋市
身長:186㎝
出身大学:国士舘大学21世紀アジア学部
職業:声優、タレント
活動期間:1994年〜
所属事務所:青ニプロダクション

落合福嗣さんは落合博満さんが中日ドラゴンズに在籍していた時に愛知県名古屋市で生まれました。

中学時代は東京都にある国士舘中学で軟式野球チームに所属し活躍していましたが国士舘高校時代に野球を辞めています。

国士舘大学時代には「落合博満の息子」として数々のメディアに出演したり著書を出版、さらには歌手デビューもしていたそうです。

8年かけ大学を卒業しアミューズメントメディア総合学院東京校声優タレント学科へ入学。

同校を卒業後は青ニプロダクションに所属し現在は声優として高い評価を受けています。

スポンサーリンク

落合福嗣の伝説、女子アナ事件がヤバすぎる!

伝説の三冠王、落合博満さんの息子である落合福嗣さんは幼少期時代に「悪童」と呼ばれていたそうで数々の伝説があります。

まずはフクシくんが起こした女子アナ事件について紹介していきたいと思います。

フクシくんは幼少期の頃、女子アナが大好きだったそうで当時人気アナウンサーだった内田恭子さんのスカートに潜り込んだり胸を触ったりしたとのこと。

被害にあった内田恭子さんがこちら!

内田恭子さんは大きなバストが話題でしたがフクシくんの餌食になってしまい男性ファンからは批判が殺到したんだとか。

フクシくんは

僕のパパは三冠王だぞ!

と発言しては髪を引っ張ったり、やりたい放題だったみたいです。

当時はセクハラ的な事に対して緩かったみたいですが現在だったら大問題になっているでしょうし子供だから許されたのです。

相手が子供なだけでやってる事は完全なセクハラですので普通にアウトですよね。

当時のフクシくんの行いが現在も語り継がれているみたいで伝説となっています。

子供時代の伝説まとめ

子供時代に内田恭子さんの胸を触ったとされるフクシくんですがその他にも子供時代の伝説が沢山あるようです。

そこで子供時代のフクシくんが残した伝説をまとめてみました!

  • スタジオの影でオシッコしていた。
  • テレビカメラが回る中でテーブルでオシッコをして全国放送される。
  • 中学の時に京都でお座敷遊びデビュー。
  • ナイナイ岡村隆史さんに肩を組まれ「てめぇ誰の肩に手ぇ乗せてんだよ!」と発言。
  • とんねるず石橋貴明さんがご飯を食べているところに帰宅した際に「何飯食ってるんだよ!」と発言。
  • ダチョウ倶楽部に対して「もっと面白いことやってみろ」と暴言を吐く。
  • 父親の権力を使って巨人と中日の選手をパシリに使っていた。
  • 父親が巨人に移籍した際に背番号6を付けていた篠塚和典選手に対して「その番号はパパのだ。パパにやれよ」と発言。
  • 報道陣と野球する際に「僕をセーフにするんだよ。分かった」とオレ流ルールを強要
  • 松坂大輔選手に対して「松坂は大人になれ」と発言。
  • 新聞記者の革ジャンを奪う。
  • 家にある家具の値段を言って自慢する。
  • 父親に対して「中日の監督なんかしないで僕の専属コーチになってよ!」と発言。
  • デパートで札束をばら撒く。
  • 17歳の時に中日のビール掛けに参加し全国放送され問題になる。

ビックリするような仰天エピソードばかりで本当にやりたい放題状態だったんだなと感じました。

まさに”クソガキ”という言葉がお似合いですがフクシくんがそうなってしまったのにはある理由があったみたいです。

やりたい放題だった理由は?

幼少期にやりたい放題だったフクシくんですが一体なぜそのような伝説を作ったのかというと父親の気をひくためだったそうです。

父親はプロ野球選手でありほとんど母親と生活していたため父親と一緒に遊べる日は本当に貴重だったといいます。

しかし父親が休日の日にはスポーツ記者が来たりファンが来たりして大切な時間は遠ざけられていくばかりでした。

そこでフクシくんは父親との大切な時間を奪う記者やファンといった大人達を撃退しようと考えてやりたい放題していたそうです。

記者の靴の中にアイスを入れたり持ち物を隠したりすれば、その記者は無くなった物を探しにいくため父親の周りから居なくなる。

子供ながらにしてそう考えついたフクシくんは父親から注目を集めるのに必死でした。

幼少期はクソガキと称され迷惑行為ばかりしていたフクシくんですが現在は声優として評価されているので今では笑える話かもしれませんね。

◯関連記事

落合福嗣の嫁が金目当てと言われる理由は?声優としての実力についても!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください