芥川豊史の顔画像や前科内容は?FacebookやTwitterについても!


静岡県藤枝市の山中で内山茉由子さんの遺体が発見された事件で逃亡していた主犯格の男が新潟市内で自殺していた事が判明。

自殺したのは芥川豊史でこの発見を受けてネット上では顔画像やFacebook、Twitter、前科内容にも注目が集まっているようです。

そこで今回は芥川豊史の顔画像やFacebook、Twitterアカウント、前科内容について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

主犯格の男を遺体で発見!

報じられた情報によりますと新潟市内のビジネスホテルで主犯格として行方を追っていた男が自殺しているのを発見。

遺体として発見されたのは39歳の芥川豊史という男で新潟県出身であることが新たに判明したと報じられました。

残虐な犯行をして逃亡しただけでなく逃げ切れないと分かった結果、自ら命を絶って逃げるという非常に苛立ちを感じます。

最後の最後まで逃げられたというのが許せなく本当に残忍でなりません。

主犯格の発見を受けてネット上では芥川豊史の顔画像に多くの注目が集まっており気になるところです。

スポンサーリンク

芥川豊史の顔画像は?前科があった!

芥川豊史の逮捕を受けてネット上では顔画像に注目が集まっているようで非常に気になっている方が多いみたいですね。

そこで発見された芥川豊史の顔画像について調査してみましたが現在顔画像を公開している情報メディアは確認されておらず残念ながら特定する事が出来ませんでした。

おそらく時間が経ち次第で芥川豊史の顔画像が公開される可能性が高いので新たな情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ち下さい。

ちなみにネット上では芥川豊史には前科があったと判明しているようです。

どうやら2011年3月9日に高知県河ノ瀬町のスーパーの店長に対して、「購入したクリームパンに縫い針が入っていて口に刺さった」と嘘をつき、慰謝料をだまし取ろうとした疑いで逮捕されていたようです。

年齢的に考えても一致しますし、おそらく今回発見された芥川豊史と同一人物だと言われているとのこと。

TwitterやFacebookは?

芥川豊史が遺体で発見されたことを受けてネット上では顔画像の他にTwitterやFacebookアカウントについても注目が集まっているそうで気になるところです。

そこで芥川豊史のFacebookアカウントについて注目してみましたが残念ながら特定する事が出来ませんでした。

検索結果にも表示されなかったので恐らくFacebookは利用していなかったと思います。

そして次にTwitterについても調査してみましたがこちらも特定出来ませんでした。

よくよく考えてみれば計画的に事件を起こした人物ですしSNSといった自ら尻尾を掴ませるような事をするはずがありませんね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください