米倉久邦の経歴や会見中の態度が酷すぎる!日大が山口組に借金していた事が判明!


日本大学アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチが5月23日午後20時に記者会見を開きましたが悪質タックルの指示について否定し批判が相次いでいます。

さらに会見中の司会者の態度が悪すぎる事からネットが大炎上。

日大ブランドは落ちません!と言い放った司会者の名前が気になるところ。

さらに日本大学が指定暴力団、山口組に借金していた事が判明しました。

そこで今回は日大記者会見で炎上した司会者の名前や今もなお否定し続ける理由について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

謝罪会見で司会者がブチギレ

日本大学の悪質タックル問題を受けて5月6日に日大の内田正人監督、井上奨コーチが日大本部で緊急記者会見を開きました。

会見がスタートすると駆けつけた記者からの質問が殺到した事で時間が超過し、しびれを切らした司会者と記者が応酬。

司会者が強引に会見を打ち切ろうとしたところ報道関係者が、日大のブランドがあなたの発言で落ちていると発言すると司会者は、

落ちません!と返答し会場が混乱。

危機管理部の司会者の態度が悪すぎる事からネット上では大炎上しており司会者は誰なのか気になるところです。

スポンサーリンク

日大会見の司会者は高宅茂と米倉久邦のどっち?

会見を強引に終わらせようとしただけでなく謝罪会見という場でらあるにも関わらず態度の悪さが目立った危機管理部の司会者。

大炎上している中で日大会見の司会者を務めた男性が誰なのか特定が特定されています。

ツイッター上では司会者が高宅茂であると言われていましたがデマ情報だったようです。

顔を比較すると全然違いますし飛んだとばっちりでしたね。

どうやら情報番組で名前が報じられていたらしく米倉久邦さんであることが判明。

米倉久邦さんは日本大学の広報部の人間であるため身内の記者会見の司会を担当していた事になります。

司会者であるにも関わらず、会計を強引に打ち切ろうとしたり、酷い態度を取ったりするなど、まるで反省する気がありません。

米倉氏の態度や言動を見れば日大のブランドが間違いなく落ちています。

そもそも大学側が今回の悪質タックル事件に対しての意識の低さや教育機関であるレベルの低さがよく分かりました。

そもそも何のための会見だったのか、結局は自分達は何も悪くない、それだけを伝えたかっただけなのでしょう。

◯関連記事

内田正人の入院理由は逃げ!井上奨コーチに自殺を心配する声が!

日本大学が山口組に借金?

会見の司会者である米倉久邦氏が大炎上した事を受けてネット上では日本大学が決して表には出してはいけない情報が発覚。

文書には日本大学が指定暴力団、山口組から借金をしていた事が書かれており学部長は謝罪していたようです。

しかし日大広報部である米倉久邦氏は、

相手がどんな活動をしているのか報告義務はないし、大学として関知していない。

とまるで他人事のようにすっとぼけたコメントを残していました。

当時のコメントを見る限り、米倉久邦氏という人物は昔から何事も他人事だと考えるような方でめちゃくちゃですよね。

それに比べて宮川泰介選手は名前、顔を公表した他、悪質タックルを指示されたにも関わらず自分の責任だと認め、大好きだったアメフトはやらないと口にしました。

言い訳せずに見習うべきでは?

日本大学の理事長が謝罪や表に出てこない&職員達が逆らえない理由!

日本大学アメフト部が問題を起こしたにも関わらず理事長からの謝罪は一切ありません。

これだけの問題を起こしたにも関わらず日大のトップである理事長が謝罪を行わないのは異例であり非常に無責任なことです。

ちなみに日本大学の理事長である田中英寿氏は指定暴力団、山口組の司忍組長とのツーショット写真が話題となりました。

写真を見る限り、田中英寿理事長と司忍組長が親密な関係である事が分かります。

日大の理事長が一切表に出てこない理由は山口組がバックに付いているからなのでは?と推測されているようです。

また、写真の存在を知っている日大職員達が逆らう事が出来ない理由がよく分かります。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

米倉久邦の経歴や会見中の態度が酷すぎる!日大が山口組に借金していた事が判明!」への2件のフィードバック

  1. 名門東京

    偏差値55、社長、公務員、一級建築士、在校生、卒業生、日本一。

    名門日本大学ブランドを落とすのが早稲田の米倉久邦とは。

    返信
  2. 名門東京

    偏差値55で社長、公務員、一級建築士日本一。
    日大ブラントは、失墜しないとマジレス。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください