筧千佐子の生い立ちやテクニックがヤバすぎる?娘や子供の現在とは?


6年間で夫や内縁の関係にあった4人の高齢者に青酸化合物を飲ませて、このうちの3人を殺害した死刑囚の筧千佐子。

そんな筧千佐子ですがテクニックが凄いと言われており真相について気になります。

また、生い立ちや娘、子供についても注目が集まっているようで気になるところ。

そこで今回は筧千佐子死刑囚のテクニックの真相や生い立ち、娘や子供について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

筧千佐子のプロフィール

名前:筧千佐子 (かけひ ちさこ)

生年月日:1946年11月28日

年齢:70歳

血液型:A型

出身地:福岡県北九州市

身長:154㎝

最終学歴:福岡県立東筑高等学校

職業:無職

筧千佐子被告は福岡県屈指の進学校「東筑高等学校」の出身で周りから国立大学への進学を勧められていましたが、両親の反対により北九州市内の都市銀行に就職しています。

1969年に印刷業を営む旦那と結婚し2人の子供を授かりますが、結婚を機に会社の経営は傾いていったのです。

旦那が死去すると筧被告が経営を引き継ぎますが資金操りに苦労し2001年に倒産。

自宅を担保に借金していたため競売にかけられ、多額の借金を背負いながら生活。

返済のために10数箇所の結婚相談所に登録し資産家や高齢者を狙い、お金を巻き上げ借金を完済し10億円の資産を手に入れました。

スポンサーリンク

テクニックがヤバイ?

資産家や高齢者から10億円もの大金を搾り取った筧千佐子被告ですがテクニックがヤバイと話題になっているようです。

どうやらベッドテクニックが凄かったらしく精力のない老人ですら依存したんだとか。

筧被告に接触した男性によると、

多くの男性は筧のベッドテクニックに溺れ離れられなくなった」といいます。

また、筧被告からのメールは絵文字たっぷりで男性の気を引くために、ひたすら褒めては喜ばすなど男性を落とすためのテクニックも凄かったそうです。

子供や娘の現在は?

筧千佐子被告には最初に結婚した旦那との間に子供が2人産まれています。

借金返済のために男性と交際していた時には子供たちは30歳を超えており、自立していた事から母親の犯行を知らなかった可能性が高いそうです。

父親の会社が倒産し多額の借金を背負いながらの母子家庭ですので相当な生活苦だったと思いますし、子供が自立した後に筧千佐子は多額の資産を手に入れたのでしょう。

しかし、大阪府堺市にある高級マンションは娘の名義で購入されており筧被告の別宅として使用されていたようです。

母親から言葉巧みにお願いされ、名義を貸した可能性もあるため子供たちも被害者である可能性が高いと思います。

子供の現在について気になるところですが残念ながら情報がありませんでした。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください