福島弓子(イチロー嫁)のがんステージ4はデマで現在は?栗山英樹は元カレだった件についても!


イチロー選手を長きに渡り支えてきた元アナウンサーの福島弓子(鈴木弓子)夫人。

そんな福島弓子さんについて検索するとサジェストに「がんステージ4」と表示され真相について気になるところです。

さらに現在や栗山英樹さんとの関係についても注目が集まっています。

そこで今回は福島弓子夫人のがんステージ4の噂や栗山英樹さんとの関係について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

がんステージ4との関係はソース不明のデマ?

最初にも説明したように弓子夫人について検索すると「がんステージ4」というサジェストが表示されます。

弓子夫人といえばイチロー選手と共に渡米し、長きに渡って支えてきましたが「がんステージ4」との関係は何なのでしょうか。

そこで、がんステージ4との関係について調査してみましたがソース不明のデマ情報である事が判明しました。

また、「子宮頸がん」という噂も出回っていますがこちらも完全なデマです。

レジェンド・イチロー選手の妻が仮にがんを患っていればマスコミがこぞって報道しますので完全なデマだと分かります。

スポンサーリンク

栗山英樹との関係とは?

弓子夫人について検索すると栗山英樹監督のワードが出てきますが、2人はどういった関係なのか気になるところ。

2人の関係について調査したところ、なんと元交際関係だった事が分かりました。

どうやら2人が元カレ元カノ関係だったという事は一部ファンの中でも有名な話であり結婚間近な時期もあったんだとか。

これに関しては衝撃ですが、弓子夫人は元アナウンサーということで仕事で野球選手と接触する機会が多い分、ありがちな事だったのかもしれませんね。

弓子夫人の現在が凄すぎる

「妻はこれまでにおにぎりを2800個作ってくれた」というイチロー選手の妻の話が印象的でしたが弓子夫人の現在が凄いようです。

弓子夫人はアナウンサーを引退後、専業主婦としてイチロー選手を支えてきましたが会社経営も行なっていて2016年には週刊誌が弓子夫人について100億円社長と報じています。

イチロー選手・弓子夫人・一弓のイニシャルを取った「IYIコーポレーション」という会社で不動産投資など業務を行っています。

夫はスーパープレイヤー、妻はやり手の女社長と夫婦揃って大活躍とは凄すぎますし、イチロー選手をサポートしながらなので尚更凄いですよね。

毎日カレーを作り、夫がホームで試合の時にはおにぎりを作るという最高のエピソードを会見で聞けて最高でした。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください