矢作嵐の加害者は栃玄武と判明か!味覚障害に嘘疑惑?


大砂嵐の不祥事に続きまたもや相撲界で問題が発覚しているようで大きな話題として取り上げられています。

春日野親方率いる春日野部屋で傷害事件が2014年に発生していた事が明らかになり被害者である元力士の矢作嵐さんが暴露。暴行を受けた矢作嵐さんは味覚障害になったそうで春日野親方は事件を隠蔽した模様。

ネット上では加害者が判明しているようで、矢作嵐さんの味覚障害が嘘なのでは?といった声が上がっているそうです。

今回は矢作嵐さん暴行を加えた加害者や味覚障害の真相について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

矢作嵐の加害者は誰?

​​暴行された矢作嵐さんは顎の骨が砕け味覚障害になってしまうほど悲惨な状態に至ってしまいましたが加害者は一体誰なのでしょう。

報じられた情報では

・2013年に新弟子検査に合格
・2015年に名古屋場所を最後に引退
・福岡県福岡市東区出身

という様に明かされておりネット上ではこの情報に当てはまる人物が特定されています。

この他にもツイッター上では暴行した犯人についての情報が出回っています。

ここまで情報が明かされていますので矢作嵐さんに暴行を加えたのは栃玄武(緒方晃一郎)で間違いないと思われます。

◯関連記事

春日野親方のゴルフクラブ事件がヤバイ!夫人の名前や顔画像とは?

春日野部屋の被害者の名前や顔画像が判明!怪我画像がヤバイ!

スポンサーリンク

​​
​​矢作嵐の味覚障害は嘘?

​​どうやらネット上では傷害事件の被害者である矢作嵐さんが嘘をついているのでは?と話題になっているそうです。

暴行を受けて相撲を引退した矢作嵐さんはインタビューで「お茶を飲んでも味がしない」などと味覚障害の後遺症に悩まされていることを告白。

しかしツイッター上では矢作嵐さんのFacebookでの投稿から味覚障害が嘘なのでは?と疑いの声が上がっているみたいです。

矢作嵐さんは暴行を受けて全治1年6ヶ月と診断され入院生活を送っていました。

医師からは味覚障害は一生治らないと言われたそうですがFacebookの投稿は2015年1月31日のものであり暴行事件から半年も経っていません。

何を飲んでも味がしないと告白していた矢作嵐さんがサイダーを飲んでいるのが不可解ですが鍋を楽しんでいる様子も判明しました。

これに関しては凄く疑ってしまいますが矢作嵐さんはインタビュー時に「味覚障害」と書かれた診断結果の紙を見せていましたし味覚障害である事は確かと思われます。

​​矢作嵐のツイッター裏垢が判明?

​​ツイッター上では矢作嵐さんの裏アカウントと思われる物が出回っているようです。

裏アカの投稿内容では「味噌ダレ」だの「ゆず胡椒」だのと、どう考えても味覚障害とは思えない感じですよね。

ただこのツイッターが本当に矢作嵐さんの裏アカなのかと言うところですが真相は謎に包まれています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください