登坂淳一アナの女性問題が酷すぎる!元嫁についても!


週刊文春が元NHK登坂淳一アナの女性に対するセクハラ問題を報じ、札幌放送局時代に新人キャスターに対してのセクハラ疑惑や大阪でもセクハラ疑惑が浮上しているようです。

登坂淳一アナは4月2日からスタートする情報番組「プライムニュース」のメインキャスターに抜擢されていましたがセクハラ疑惑問題で出演を取りやめる事が決定したようです。

一体登坂淳一アナはどのような女性問題をしていたのか気になるところです。そこで今回は登坂淳一アナの女性問題や嫁について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​登坂淳一の女性問題とは?​​

週刊文春が報じた内容によると2011年に登坂淳一アナは北海道の夕方ニュース番組「ネットワークニュース北海道」のメインキャスターを務めていた時代に新人キャスターに対してセクハラ疑惑があったとのこと。

登坂淳一アナは取材で訪れたNHKローカル局のスタッフ達と食事に行き、二次会はカラオケ付きの飲食店でソファ付きの個室で行われました。

そこで登坂アナは両隣に座った新人キャスター2人の脚を触るなどのセクハラし2人は契約キャスターであるため抵抗が出来ません。

登坂アナは20代の新人キャスターに対して体を触りながら耳元で「一緒に抜け出さない?」と囁いたのです。

新人キャスターの女性は「初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな」と思いトイレへ逃げ込もうとしましたが登坂アナが追いかけてきてセクハラ行為をされました。

彼女によるとトイレの前の廊下で登坂アナは身体を触り「いつもテレビで見ているよ」と囁きながら無理やりキスを迫る。

さらにブラウスに手を入れて胸を触ると、スカートをめくり上げては下半身にも手を伸ばすというセクハラ行為もしていたようです。

ショックを受けた女性は二次会を早めに退散しましたが帰宅後にはセクハラされた登坂アナから「どうして帰っちゃったの?」というメールが。

女性はNHKにセクハラを報告しようとしましたがキャスターの仕事を失ってしまうのではないかという不安から弁護士に相談。

さらに先輩アナウンサーから報告した方が良いと言われた事がきっかけでNHKに報告し、登坂アナのセクハラはローカル局を通じて札幌放送局に報告されたのでした。

スポンサーリンク

​​登坂淳一アナからは謝罪なし!

​​セクハラの実態が明らかになった登坂アナはNHK幹部に事実を認めて謝罪し上司からの厳重注意の処分を受けました。

しかし被害女性に対してはアナウンス副部長が謝罪するも、セクハラした張本人である登坂淳一アナからの謝罪は無かったのです。

登坂アナのセクハラは東京本局の上層部に伝わり大阪に異動が決定しますが大阪でもセクハラが発覚し鹿児島に異動、そして嫁と離婚しました。

登坂アナは文春記者の取材に対して「セクハラで処分を受けた事がない」と解答しさらに「酔って身体を触った程度で覚えていない」と答えているそうです。

​​登坂淳一アナの元嫁について

​​鹿児島への異動を機に嫁と離婚した登坂淳一アナですが元嫁は一体どんな方だったのか気になるところです。

調べてみると、
登坂淳一アナは2001年の大阪放送局時代に結婚しており相手は同期のNHK局員という事から社内結婚をされている事が分かりました。

結婚後は登坂アナの女性問題が絶えなかったそうで北海道放送局へ単身赴任中に新人キャスターへのセクハラで大阪に異動。

大阪放送局時代にも飲み会で女性スタッフへのセクハラが発覚し鹿児島への異動が決まりデスク業務のみという処分が下される始末。

女性問題の絶えない登坂淳一アナは嫁と2017年春頃に離婚されています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください