田中義剛と逮捕の関係は?花畑牧場の年商が評判がヤバすぎる件!


2018年6月3日に放送される坂上&指原のつぶれない店に田中義剛さんが出演します。

田中義剛さんといえば花畑牧場で成功を収めていますがネット上では「逮捕」のワードが表示され真相について気になります。

さらに花畑牧場の評判や年商についても気になるところです。

そこで今回は田中義剛さんと逮捕の関係や花畑牧場の評判や年商について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

田中義剛のプロフィール

名前:田中義剛 (たなか よしたけ)
生年月日:1958年3月13日
年齢:60歳
血液型:不明
出身地:青森県八戸市
身長:184㎝
出身校:青森県立八戸北高等学校
最終学歴:酪農学園大学酪農学部
職業:タレント、酪農家、実業家
活動期間:1987年〜
所属事務所:元アップフロントプロモーション

逮捕との関係とは?

田中義剛さんについて調べると関連ワードに逮捕と表示されますが一体どのような関係があるのか気になるところです。

この件について調査したところ、

どうやら田中義剛さんは逮捕されておらず過去に大ブームを巻き起こした生キャラメルが関係していた事が判明。

生キャラメルを30個ぐらい欲しい」と29歳の男性が電話で申し入れたそうですが1人5個までの販売制限をしていたため花畑牧場は申し入れを拒否しました。

ところが男性は右翼団体名を名乗り、

バスに乗って黒い服着て、ヘルメット被って行くぞ」と脅迫し逮捕されています。

という事なので関連ワードでは逮捕と表示されますが田中義剛さん自体は”被害者”だったという訳でした。

スポンサーリンク

花畑牧場の年商は?

田中義剛さんといえば事務所から2億円の借金をして1994年に北海道川西郡中札内村に花畑牧場を開業しています。

花畑牧場の年商は、

2007年に3億4200万円

2009年には143億1500万円までに成長し従業員数は1500人に増えています。

同年2月からは東京進出して渋谷、銀座、青山など8カ所で生キャラメルの直営店をオープンしました。

しかし翌年2010年には売り上げが3分の1まで減少し生キャラメルブームが終わります。

また、2010年〜2011年にかけて東京や札幌にある工場や多数の店舗を閉店しておりオープンしては閉店を繰り返していました。

これを受けて田中さんは花畑牧場を観光地化させて2016年には黒字に戻して経営は安定したそうです。

2017年の年商は50億〜100億円程度。

現在はタイに花畑牧場のチーズ工場を建設して花畑ブランドを使ったチーズでボロ儲け状態だという情報をがありました。

コンビニや空港など首都を中心に商品を販売しているそうで大人気なんだとか。

また、企業向け商品も開発中のようで規模をどんどん大きくしています。

タイで成功したら世界獲れるよ!と過去に豪語していましたが実際に成功していますし実業家として才能を発揮していますよね。

花畑牧場の評判はどうなの?

実業家として大成功している田中義剛さんですが花畑牧場の評判について調べると悪評が目立っているそうです。

2009年2月に都内に、

「花畑牧場 ホエー豚亭 東京青山」をオープンさせており1470円するホエー豚丼を食べなければ生キャラメルは販売しないという商法をしていたそうです。

この販売商法に対して批判が相次いぐなど「ホエー豚丼は高くてまずい」という声も実際に上がっていたとのこと。

さらには、新千歳空港にある「花畑牧場 生キャラメルカフェ」では生キャラメルだけを購入したくても他の商品とのセットでなければ購入出来ないセット販売しかなく、販売方法に批判が相次いだそうです。

北海道での評判を調べてみると

「お金儲け主義」が有名で北海道では相当評判が悪いみたいです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください