田中英寿理事長の嫁、優子に独裁者説?ゲイビデオを運営してるって本当?


日大アメフト部の内田正人監督が指示したとされる悪質タックル問題ですが日大の理事長である田中英寿さんが表に出てきません。

これを受けて田中理事長にも批判が殺到していますがネット上では田中理事長の嫁がゲ◯ビデオを運営しているとの噂があります。

さらに田中理事長は嫁に頭が上がらない事から独裁者説が浮上しているんだとか。

そこで今回は田中理事長の嫁がゲイビデオの運営に関わっているという噂や独裁者説の真相について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

田中理事長の嫁に独裁者説!

出典:敬天新聞

田中英寿理事長の嫁は田中優子さんという方で元演歌歌手として活動していました。

現在は田中理事長や優子夫人が

ちゃんこ料理 たなか」を経営。

24日発売の週刊文春によると優子夫人が非常に厄介な存在だとされているようです。

悪質タックル事件の5日後の5月11日に東京阿佐ヶ谷駅から徒歩2分のところにある「ちゃんこ料理たなか」で

田中理事長や優子夫人、内田正人監督、日大の総務部長を兼任する常務理事ら6名が集まっていたとのこと。

日大関係者の話によると

「田中氏が唯一頭が上がらないのが元演歌歌手の妻、優子夫人です。彼女の影響力は絶大で、日大の本部職員は彼女のちゃんこ屋に何回足を運んだかで出世が決まると言われているほどです。この店の仕切り壁の奥に、掘り炬燵の小上がり席があります。ここで行なわれる田中夫妻を中心とした謀議が、日大の事実上の最高会議なのです」

なんと優子夫人は田中理事長が頭が上がらない程の存在であり本部職員の出世が決まるぐらいの絶大な影響力があるとされています。

日本大学が内田正人監督を庇い続けていますが6人の幹部らによって5月11日の時点で何がなんでも庇うと決断されていたようです。

週刊文春の記者は田中理事長に直撃インタビューをしますが、すっとぼけています。

日大アメフト部が問題を起こしていた事を5月11日の時点で知っていたにも関わらず自分は無関係だと言い放っています。

日本大学のトップたるものがこれじゃあ…

いつまで経っても謝罪や問題が一向に解決しない理由がよく分かりますよね。

スポンサーリンク

優子夫人がゲ◯ビデオの運営に関わっている噂とは?

「ちゃんこ料理たなか」を経営するほか日本大学の”真のドン”と言われている優子夫人ですがネット上ではある噂が。

どうやらネット上では田中理事長の嫁である優子夫人がゲイビデオの運営に関わっているのではないかと噂されています。

ちなみに井上コーチが学生時代にゲイビデオに出演していた事が話題となっていますが買収された説が浮上しているんだとか。

この事から井上コーチはゲイビデオの出演を条件に今の立場を手に入れたのではないかと推測されているそうです。

これはあくまでもネット上で出回っている憶測記事から引っ張った情報ですが優子夫人が実際にゲイビデオの運営に関わっているという証拠がありませんよね。

また、井上コーチにゲイビデオに出演させて現在の立場を手に入れたのだと言われていますが、井上コーチが出演したのは学生時代であり、流石に学生に対してそのような話は持ちかけないと思います。

優子夫人がゲイビデオの運営に関わっていると噂された理由は田中理事長が山口組6代目組長の司忍組長と親密な関係である事や井上コーチのビデオ出演疑惑が浮上したからです。

ヤ◯ザといえばア◯ルトビデオの運営に大きく関わっていると言われています。

そういったイメージがあるため優子夫人に対してありもしない噂が流れたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.