熊沢英一郎のコミケ参加イラスト画像!生い立ちが悲惨で兄弟についても調査!


元農林水産相事務次官の父親から刺殺された息子の熊沢英一郎さん。

熊沢英一郎さんは父親とコミケに参加しイラストを販売していた事からイラスト画像に注目が集まっています。

さらに兄弟や生い立ちが悲惨との情報もあり真相が気になるところです。

そこで今回は熊沢英一郎さんが父親とコミケに参加していた件や兄弟、生い立ちについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

父親とコミケに参加でイラスト画像について!

Twitterで過激発言や父親の自慢を連発していた熊沢英一郎さんですが父親と一緒にコミケに参加していた事が判明しています。

コミケ参加については全く驚きませんが父親を店番させたり、元事務次官を務めた方がコミケに参加していた事に対してネット上では大きな話題となっています。

引用:http://waranote.livedoor.biz/archives/55395106.html

父親なりに息子に向き合っていたのかもしれませんが、暴力を振るわれていた事もあり言いなり状態だったのかもしれません。

ちなみに英一郎さんが描いたイラスト画像がこちらになります。

引用:引用:https://www.pixiv.net引用:https://www.pixiv.net引用:https://www.pixiv.net

メカ系のイラストはネット上で評価されていますが人物画に関しては1990年代で止まっているといった声が上がっています。

ちなみに英一郎さんは過去にデザインの依頼があったとツイートされていましたが実際に取引は行われておらず、嘘のツイートだった事が判明したようです。

スポンサーリンク

兄弟について調査!

引きこもりで親に寄生していた熊沢英一郎さんですがネット上では兄弟について注目が集まっており気になるところです。

兄弟について調査したところ、熊沢英昭容疑者の妻が数年前に「娘を迎えに行く」と近所の方に話していた事から姉か妹がいることが分かりました。

姉か妹という事で年齢的に考えて結婚している可能性が高いでしょう。

ちなみに近所の方は熊沢英昭容疑者に息子がいたとは認知していなかったようです。

英一郎さんの兄弟について詳しい情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

生い立ちが悲惨なのか?

ネット上では熊沢英一郎さんの生い立ちが悲惨と言われているようです。

この件について調査したところ英一郎さんは過去に自ら「生まれつきのアスペルガー」とツイートされていた事が判明。

それだけでなく、18歳の時には学校のいじめが原因で「統合失調症」を発症し、20歳の時にも発症されていたようです。

この事からネット上ではアスペルガーが関係して学校でいじめを受けていたのではないかと推測されていますが、真相は不明です。

ちなみに中学2年生の時には母親を殴り倒したとTwitterで自慢しており、気に入っていたプラモを壊された事を根に持って殺意丸出しのツイートを連発。

父親がエリートという事もあり英才教育を受けていたと思われますが、家族に対する恨みや自分の体に関する不満などが全てTwitterに収められていますよね。

父親である熊澤英昭容疑者は息子が更生できるように尽くしていたでしょうし、ノートに書き残した「殺すしかない」という言葉からは物凄い重みを感じます。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください