注目キーワード

熊本県副知事・小野泰輔は海成高校出身で学歴や経歴とは?嫁や子供についても調査!

  • 2020年6月2日
  • 芸能
  • 370回
  • 0件

熊本県の副知事を務め、都知事選への出馬を表明した小野泰輔が話題になっています。

ネット上では小野泰輔さんの経歴や学歴など出身高校や大学について注目が集まっています。

さらに嫁や子供についても注目が集まっているようで気になるところです。

そこで今回は小野泰輔さんの学歴や嫁や子供について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

熊本県の副知事が都知事選に出馬表明で話題に

熊本県の小野 泰輔 副知事が、来月行われる東京都知事選挙に出馬する意向であることが、複数の関係者への取材で分かりました。

小野副知事は1974年、東京都生まれの現在46歳。

東京大学法学部在学中に当時、大学教授だった蒲島知事のゼミに参加。

外資系コンサルタント会社などを経て、2008年の蒲島知事就任後、熊本県の政策調整参与に就任。

そして、政策参与を経て2012年、38歳のときに県政史上最年少で副知事に就任しました。

複数の関係者によりますと、小野副知事は来月の任期満了に伴う東京都知事選に出馬する意向を固めたということです。

小野副知事は「出馬することで都政の争点を明確にしたい」と話しているということで2日午後、熊本市内で会見を開く予定です。

引用:https://www.fnn.jp/articles/-/48227

スポンサーリンク

小野泰輔のプロフィール

名前:小野泰輔 (おの たいすけ)

生年月日:1974年

年齢:46歳

出身地:東京都

出身高校:海成高等学校

出身大学:東京大学法学部

職業:熊本県副知事

勤務先:熊本県庁

Facebook情報によると小野泰輔さんは兵庫県明石市で生まれ東京都で育ったそうです。

1993年に海成高校を卒業後、東京大学法学部に進学しており当時、東大で教授を務めていた蒲島郁夫(現・熊本県知事)さんの下で学びます。

東大卒業後は「アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)」に1999年7月〜2000年7月まで勤務されています。

2002年8月〜2008年4月「明豊ファシリティワークス」に勤務し2008年4月16日〜2010年3月31日「熊本県庁」政策調整参与、2010年4月1日〜2012年6月20日「熊本県庁」政策参与。

2012年6月21日から「熊本県庁」で熊本県副知事として勤務しています。

スポンサーリンク

嫁や子供についても!

都知事選のダークホースと呼ばれている小野泰輔さんですが嫁や子供について注目が集まっており気になるところ。

調べてみると小野泰輔さんは2001年4月21日に結婚されており3人の子宝に恵まれています。

嫁さんは東京工業大学出身の小野ゆりさんという方で学生時代に出会ったと言われています

2人の間には長男と双子がいらっしゃるそうで小野泰輔さんは自身のTwitterで子育てなどについてツイートされています。

当初、嫁さんは都知事選の出馬に反対していたそうですが、了解を得て出馬表明しており頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!