横野レイコは日本相撲協会の犬でウザい?炎上批判して当たり前な件について!


貴乃花親方の引退騒動を受けてテレビ露出が増えている横野レイコさん。

そんな横野レイコさんですが貴乃花親方を一方的に批判し相撲協会側を擁護していることから”相撲協会の犬“と呼ばれています。

さらに横野レイコさんの経歴プロフィールや炎上批判されている理由気になるところ。

そこで今回は横野レイコさんが日本相撲協会の犬と呼ばれる理由や経歴プロフィール、炎上批判される理由について調べてみました。

スポンサーリンク

横野レイコのプロフィール

名前:横野レイコ (よこの れいこ)

生年月日:1962年5月12日

年齢:56歳

血液型:不明

出身地:大阪府大阪市

職業:レポーター、元アナウンサー

活動期間:1987年〜

所属事務所:office. Mi-Ma

横野レイコさんは1982年に奈良CATV局「HI-OVIS」契約アナウンサーとして地域情報番組や共同通信ニュース等を担当し1986年に上京されています。

 

上京後はフジテレビで主にレポーターを担当し現在は「とくダネ」のレポーターとして活動されています。

 

2017年には株式会社「相撲コンシェルジュ」を設立し、同年に起きた日馬富士暴行事件を機に相撲コメンテーターとしてテレビ露出が激増しているそうです。

スポンサーリンク

相撲協会の犬で決まり?

昨年発生した日馬富士暴行事件を機にテレビ露出が激増している横野レイコさんですが相撲協会寄りの発言が目立つ事から相撲協会の犬と呼ばれているようです。

横野レイコさんは貴乃花親方の引退騒動を受けて、またしても相撲協会寄りの発言をするなど共演者もドン引きされています。

 

バイキングでは貴乃花親方を批判した事から坂上忍さんがドン引き。

横野レイコさんの相変わらずさに呆れている芸能人やコメンテーターは多いようで古市さんは横野レイコさんに直球質問。

この古市さんの勇気ある行動にネット上では称賛の声や応援する声が相次いだのです。

本当によく言ってくれたと思いますし、今後も共演次第では古市vs横野レイコのバトルが勃発するかもしれませんね。

スポンサーリンク

炎上して当たり前の批判ぶり

情報番組に出演する度に炎上してしまう横野レイコさんですが協会寄りの発言で貴乃花親方の批判ぶりが酷いようです。

 

昨年発生した日馬富士暴行事件では被害者である貴ノ岩が「アイスピックを持っていたのではないか」と嘘発言して炎上。

 

さらには貴乃花親方を一方的に批判して日本相撲協会を擁護するなど炎上して当たり前な状況を自らが作っているのです。

 

貴乃花親方の引退理由を聞く限り、相撲協会からパワハラいじめがあった事が確認出来ますが横野レイコさんは、

空気で思い込んでらっしゃる

と爆弾発言し、またしても貴乃花親方を一方的に批判するのでした。

横野レイコさんは必ず相撲協会を擁護する発言をするため「テレビに出たらチャンネルを変える」と不快に思っている視聴者がかなり多いみたいですね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください