森野実空の刑が甘い&軽すぎると批判殺到!父親がヤバイ奴だった件!


2017年12月に川崎市でながらスマホで自転車を運転し女性をはねて逮捕された森野実空容疑者に禁錮2年、執行猶予4年の判決が。

これを受けてネット上では悪質な運転をしていたにも関わらず刑が軽すぎるのではないかと批判が殺到しています。

森野実空容疑者が事件後に花見していた事や父親がヤバイ奴だった事も判明。

そこで今回は森野実空容疑者の刑が軽すぎる件や父親がヤバイ奴だった件について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

森野実空のプロフィール

名前:森野実空 (もりの みく)
生年月日:1997年10月8日
年齢:20歳
住所:神奈川県川崎市麻生区
出身中学:市立柿生中学校
出身高校:県立湘南台高等学校
出身大学:田園調布学園大学中退
職業:無職

刑が軽すぎると批判殺到!

右手にスマホ、耳にはイヤホンそして左手には飲み物を持った状態でスマホを見ながら自転車を運転し女性をひいて殺害。

このような重大な事件にも関わらず禁錮2年執行猶予4年という軽すぎる&甘すぎる判決が下され批判が殺到しています。

この甘すぎる判決にご遺族が納得いかないはずがありません。

ちなみに森野実空容疑者は自転車で追突した後に耳につけていたイヤホンをポケットに隠していたようです。

人様が亡くなられているのになぜ刑がこんなにも甘いのでしょうか、裁判長は所詮他人事としか思っていないと感じてしまいます。

スポンサーリンク

事件後に花見していた?

殺人行為をしてしまった森野実空容疑者ですが事件後に花見をしながら酒盛りしていた事実が判明しているのです。

インスタに投稿された画像は現在削除されているようですが、どういう神経されているのでしょうか。

それだけでなく亡くなられた女性の葬儀には出席していない、謝罪の手紙を書いていないなど反省の色気が全くないのです。

そして下された甘すぎる判決。

父親がヤバイ奴だった件

軽すぎる判決が下された森野実空容疑者ですがネット上では父親がヤバイ奴だった事が明らかとなっています。

上記の情報をまとめてみると、

  • 森野実空が葬儀に出席しなかった理由はマスコミが家の前にいたから怖くなって家に残した。
  • 葬儀の途中で帰った理由はマスコミがうるさすぎたからであり迷惑になると思ったから。
  • とにかくマスコミに苛立っていた。

森野実空の父親、森野よしかつさんはなんでもかんでもマスコミのせいにしており自己保身が凄かったようです。

しかしマスコミから追われる原因を作ったのは殺人行為を行った娘です。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください