栗林華子さんの顔写真画像はどこから流出?マスゴミの入手方法がフォトスタジオだった可能性?

スポンサーリンク

登戸通り魔事件の犠牲者である栗林華子さんの顔写真がテレビで公開され批判が殺到。

ネット上では栗林華子さんの顔写真がどこから流出したのか、マスゴミがどのようにして入手したのか注目が集まっています。

さらに多摩市のフォトスタジオにマスゴミが写真を要求していた事も判明。

そこで今回は栗林華子さんの顔写真画像が流出した原因や、マスゴミのゴミっぷりがやばい件について調べてみました!

スポンサーリンク

栗林華子さんの顔写真はどこから流出した?

登戸通り魔事件の犠牲者の栗林華子さんですが、ご遺族はマスゴミの取材拒否だったにも関わらず5月31日の「ミヤネ屋」で顔写真が公開されていました。

引用:Twitter

カリタス小学校は会見で遺族の取材は絶対にしないで下さいと注意しており、遺族も取材を拒否していました。

にも関わらず、栗林華子さんの顔写真は公開されネット上ではどこから流出しマスゴミがどのようにして入手したのか注目が殺到。

写真館やフォトスタジオで撮影したような写真である事から、多摩市内にあるフォトスタジオが売った説が浮上しています。

もし、そうであるならば遺族の思いを踏みにじる裏切り行為であり、遺族の訴えですら無視するマスゴミはヤバいですよね。

スポンサーリンク

多摩市のフォトスタジオがマスゴミを告発?

多摩市の小田急線永山駅近くにあるフォトスタジオルブレリーが報道機関から連絡があったとTwitterで告発しています。

さらにマスゴミが実際に取材に来ていたようで手当たり次第で栗林華子さんの顔写真がないか探していたとのこと。

マスゴミはフォトスタジオに写真の提供を電話で要求していましたが、断られるとサラリーマン風の格好をして来店し、サンプル写真に栗林華子さんの顔写真がないか探ろうとしていたとのこと。

フォトスタジオルブレリーは写真提供をお断りしていますが、マスゴミは多摩市内のフォトスタジオを駆け巡り、金を払って顔写真を入手したかもしれないのです。

ミヤネ屋を皮切りに、各報道番組でどんどん顔写真が公開されており遺族や学校側の注意が完全に無視されています。

スポンサーリンク

献花を見て笑うマスゴミも

事件を受けて献花台には沢山のお花やお菓子などが手向けられており、その様子をマスゴミ達は「待ってました!」と言わんばかりに連写しています。

公開された献花の写真ですが、献花を見てニヤニヤするマスゴミが発見され批判が殺到しているようです。

引用:Twitter

悲惨な事故があった現場でニヤニヤする神経が意味不明であり、献花しに来た方々狙いで待ち構えている気持ち悪さ。

また、歩道を占領して通行人を妨げるなど危険な行為に加担しているのです。

いくら仕事とはいえ、事件現場に現れるマスゴミは本当に邪魔ですよね。

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください