松本知子と四女の顔画像や名前とは?現在が木更津という噂の真相についても!


麻原彰晃の死刑執行を受けて遺体の引取先が注目されていましたが嫁の松本知子と四女が訪れて四女が遺灰を引き取ったようです。

これを受けてネット上では麻原彰晃の元嫁である松本知子と四女に注目が集まっており2人の詳細について気になるところ。

松本知子に関しては現在、木更津に住んでいるという情報があるんだとか。

そこで今回は麻原彰晃の元嫁である松本知子の現在が木更津説や遺灰を引き取った四女の詳細についても詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

松本知子のプロフィール

名前:松本知子 (まつまと ともこ)
愛称:マハーマーヤ
本名:松本明香里 (まつもと あかり)
生年月日:1958年8月17日
年齢:59歳
血液型:不明
出身地:千葉県木更津市
最終学歴:千葉県立木更津高等学校

松本知子の現在とは?

松本知子といえば大学受験に失敗して通っていた予備校「代々木ゼミナール」で麻原彰晃と出会い結婚されています。

薬剤師リンチ殺人事件のポア決定会議に参加していた事が発覚し逮捕。

出所後は教団の元へは戻っておらず2006年半ばまでは教団との関わりが薄いと言われていたようです。

しかし2006年7月にアレフ信者の容疑に関わる家宅捜査報道がきっかけで2002年12月から松本家に「松本知子作絵画の使用量」と名目し継続的に資金提供してきた事が判明。

どうやら松本知子が書いた絵で月40万円の収入を得て、子供達や自らの生活に充てていたとされているようです。

2012年には麻原彰晃との間に生まれた次女と三女らと関東地方で密かに暮らしているとの情報が出回っていたようで、その時には既に教団との関係は経っていたと思われます。

一部の情報では現在、実家のある木更津市で生活していると言われているようですが信憑性が低いためガセの可能性大ですね。

◯関連記事

麻原彰晃の娘の現在が悲惨?性的修行の内容がヤバすぎる件!

スポンサーリンク

Facebookアカウントは?

どうやら松本知子のFacebookアカウントについて注目が集まっており果たして松本知子はSNSを利用しているのでしょうか。

そこでまず最初に昔の名である松本知子の名前で調べてみましたが検索結果に同姓同名のアカウントは表示されるものの本人の物と思われるアカウントはありませんでした。

次に現在の名である松本明香里の名前で調査してみましたがこちらも同姓同名はあるものの特定には繋がっていません。

出所後は次女、三女を引き連れて関東地方のどこかで密かに生活しているという事なのでSNSは利用していない可能性が高そうです。

流石に犯罪に関わっていたとなれば自ら自分の居場所を知らせるような事は絶対にしないと思いますし、ありえません。

四女の名前や顔画像は?

麻原彰晃の遺灰を引き取り「遺骨は金庫に保管する」と宣言した四女ですが名前や顔画像について気になるところです。

麻原彰晃の四女といえば松本聡香という名前で私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」という著作を出版されていますが実は仮名だった事が判明しています。

なので実際の名前については現在も情報がなく特定する事が出来ませんでした。

また、過去には麻原彰晃の四女としてテレビ出演されていたようです。

残念ながら四女は三女の松本麗華さんの様に実名を公表して活動されていませんので顔にボカシが掛けられています。

これ以外にボカシ無しの画像を調査してみましたが出回っていませんでした。

オウムとの関わりは断ち切っているとはいえ麻原彰晃の遺灰を引き取った事で過激な残党に狙われる可能性も十分に考えられます。

本当に今後何も起こらないと良いのですが。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

松本知子と四女の顔画像や名前とは?現在が木更津という噂の真相についても!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください