東京富士大学ソフトボール部・藤原徹総監督の顔写真は?家族や創価学会との関係についても!


東京富士大学ソフト部の総監督が部員に対するセクハラ行為が話題となっています。

総監督の名前は藤原徹さんで顔写真や家族について注目が集まっています。

さらに埼玉栄高校との関係や創価学会との関係についても気になるところです。

そこで今回は東京富士大学ソフトボール部の監督の顔写真や家族、創価学会との関係について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

藤原徹のプロフィール

名前:藤原徹 (ふじわら とおる)

生年月日:不明

年齢:70代

出身地:

最終学歴:日本体育大学

職業:ソフトボール部総監督

所属:東京富士大学

藤原徹さんは日本体育大学出身でソフトボール歴はなんと57年になるそうです。

選手として大学生の時には全日本男子に選ばれるなど優秀な選手だったとのこと。

その後は高校のソフト部や中国・河南省のチームのコーチをした他、実業団や大学の監督を44年間務めています。

東京富士大学の監督を務めていましたがセクハラ問題が原因で一度指揮を離れるも数ヶ月で総監督に就任。

嫁がおり子供の有無については不明ですが年齢的にいてもおかしくありません。

スポンサーリンク

埼玉栄との関係は?

藤原徹さんについて検索すると関連ワードに「埼玉栄」と表示されますが一体どのような関係があるのでしょうか。

どうやら選手引退後に、埼玉栄高校ソフト部のコーチを務めていたようです。

その後は中国河南省でコーチを経て、実業団や大学の監督に就任するなどソフトボールの指導者としての経歴が長いです。

やはり長年に渡り、ソフトボールを携わってきた事で選手の育成や試合の采配など指導力はピカイチのようですね。

創価学会との関係は?

藤原徹総監督のセクハラ疑惑によって知名度が上がっている東京富士大学ですが創価学会との関係について注目が集まっています。

この件について調査したところ1948年に東京富士大学の前身である大世学院(東京富士大学短期大学部)に後の創価学会名誉会長となる池田大作氏が入学していた事が判明。

池田大作氏は大学を中退後、1949年に日本正学館に入社しており、現在も創価学会と蜜月の関係下にあるようです。

ちなみに東京富士大学出身者には宗教法人の創価学会に入信している方が多く、藤原徹総監督も創価学会員ではないかという噂があると言われています。

スポンサーリンク

セクハラまとめがヤバすぎる

藤原徹総監督からセクハラを受けたとされる女子部員はPTSDになるなど心に深い傷を負っているのです。

セクハラ内容が気持ち悪すぎると話題になっているのでまとめてみました。

  • 膝の上に座らせ腹部に腕を回す
  • 男女の関係は愛と言い、愛人を強要
  • 胸を触り、太ももをさする
  • セクハラを口止め

悪質すぎるセクハラ行為を行っていたようですが藤原総監督は「腰が痛いから座らせた」とセクハラ疑惑を否認しています。

被害に遭った部員がPTSDになっているにも関わらず、セクハラを一切認めていないのが信じられませんよね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください