村田夏南子のポロとは一体?母親の支えが凄い件!


5月6日に開催されるRIZINに登場する女子格闘家の村田夏南子選手がランチャーナ・グリーン選手と対決します。

そんな村田夏南子選手ですが検索すると関連ワードに「ポロ」と表示され真相について気になるところです。

そこで今回は村田夏南子選手のポロや経歴、母親などについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

村田夏南子のプロフィール

名前:村田夏南子 (むらた かなこ)
生年月日:1993年8月10日
年齢:24歳
血液型:不明
出身地:愛媛県松山市
身長:156㎝
体重:53kg
出身校:安部学院高等学校
最終学歴:日本大学
種目:レスリング、格闘家
階級:ストロー級
所属:フリーランス

村田夏南子さんは幼少期に祖父から柔道の指導を受けており小学生時代には各大会で好成績を収めるなど才能を発揮していました。

当時は5歳年上の浅見八瑠奈さんに影響を受けてトレーニングに励んでいましたが中学3年生の時に村田夏南子さんの得意技であった肩車や掬い投げが制限されてしまい柔道にやりづらさを感じていたそうです。

そんな時に北京オリンピックで活躍した吉田沙保里選手を見たことがきっかけでレスリングへの転向を決めました。

その後はレスリングの強豪校である安部学院高校に進学し国内だけでなく海外の試合でも好成績を収めています。

目標だった吉田沙保里選手と対戦していますか勝ち星は付いていません。

2016年からはレスリングと並行し総合格闘家としてRIZINに出場しています。

スポンサーリンク

ポロとは一体何なの?

最初にも説明したように村田夏南子さんについて検索すると「ポロ」という関連ワードが表示されますが真相が気になるところ。

2017年秋頃に開催されたRIZINでは山本美優選手がポロリしているため「ポロ」と聞くと村田夏南子選手も過去に試合でポロリしたのではないかと思ってしまいます。

しかし村田夏南子さんが過去に試合でポロリした画像や情報は一切出回っておらず気になったので調べてみると総合格闘家としてデビューした時のインタビューが関係している事が判明しました。

2016年3月に行われたインタビューで村田夏南子さんは試合中のコスチュームについて聞かれた時に

ポロリしないように気をつけたい」的な発言をしていたようです。

実際に今までの試合ではポロリしたりしそうになったりとハプニングが結構起きていますし試合に集中しないといけませんからね。

母親が凄い理由とは?

村田夏南子選手の母親が凄いと言われているようですが真相が気になるところ。

村田夏南子さんが柔道からレスリングに転向した頃に地域にはレスリングが出来る環境がありませんでした。

そこで八幡浜工業高校のレスリング部に通うようになり中学の授業が終わって片道2時間かけて母親が送迎していたそうです。

ちなみに村田夏南子さんはレスリング部に毎日通っていたため母親も毎日送迎していた事になりますし恐らく送ってからは家に帰らず練習が終わるまで待っていたのでしょう。

やはり母親の支えがあったからこそレスリング選手として好成績を収める事が出来たに違いありません。

今はレスリングと格闘技の二足の草鞋を履いていますがどちらでも好成績を残せ続けれるよう頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください