杉田水脈の子供(娘)は筑波大学?経歴や夫の職業についても調査してみた!


‘LGBTは生産性が無い”と差別的発言が原因で大炎上している杉田水脈さん。

差別的発言をした杉田水脈さんに対してネット上では経歴や結婚した夫や、子供の大学について注目が集まっているそうです。

そこで今回はLGBTに生産性は無いと発言した杉田水脈さんの経歴や夫と子供の大学について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

杉田水脈のプロフィール

名前:杉田水脈 (すぎた みお)
生年月日:1967年4月22日
年齢:51歳
血液型:B型
出身地:兵庫県神戸市垂水区
出身高校:私立親和女子高等学校
最終学歴:鳥取大学農学部林学科
職業:衆議院議員
所属:自由民主党

杉田水脈さんは鳥取大学を卒業後、積水ハウス木造に入社するも2年で退社しており1992年4月から西宮市役所に勤務。

2010年10月には、みんなの党兵庫6区支部長に就任し元大阪市長・橋下徹氏の日本維新の会に移られています。

2012年12月に日本維新の会より第46回衆議院議員総選挙に兵庫6区から出馬し小選挙区は敗退しますが比例で初当選を果たしています。

2014年には日本維新の会の分裂により次世代の党に所属、同年12月の選挙に出馬するも落選したようです。

2017年10月に安倍首相から声がかり自民党から8回衆議院議員総選挙に出馬し当選。

2018年7月には「LGBTは生産性が無い」と差別的発言が問題となり大炎上。

スポンサーリンク

結婚した夫について!

 LGBTに生産性が無いと発言し日本だけでなく世界からも批判の声が殺到している杉田水脈さんですが結婚した夫は一体どのような人物なのでしょうか。

この件について調査したところ杉田水脈さんは1993年1月15日に夫と結婚しており2018年1月15日に結婚25周年となり銀婚式を迎えていた事が分かりました。

夫は滋賀県甲賀市の出身で、

エンジニアとして勤務しているようです。

また、2016年に杉田水脈さんがTwitterで「海外赴任から帰国した主人」とツイートしている事から海外に支社があるか、外資系の会社に勤めていると推測されています。

妻が差別的な発言で世界から非難を浴びているため夫はさぞかし大変でしょう。

子供の名前や大学は?

杉田水脈さんには結婚した夫との間に娘がいることが明らかになっており名前や大学について注目が集まっているようです。

調査したところ娘は光澪(みれい)さんという方で須磨学園高等学校を卒業されているとの情報がありました。

杉田さんは2015年にTwitterで娘が第一志望の大学に合格!と投稿されており現在は大学3年生である事が分かります。

大学について調査したところ、

筑波大学に進学し応援部に所属しているとの情報を発見しました。

杉田水脈さんがInstagramで筑波大学応援部WINのアカウントをフォローしており、娘の光澪さんも同アカウントをフォローしているため可能性が高いそうです。

大学3年生であり時期的に考えると来年の就活に備えて準備しなければいけませんし母親の差別的な発言は娘にとって痛手ですよね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください