杉内俊哉の引退理由は怪我?引退後は投手コーチになる可能性は?


福岡ソフトバンクホークスや巨人で活躍した杉内俊哉投手が現役引退を発表しました。

この報道を受けてネット上では杉内俊哉選手の引退理由に注目が集まっており真相について気になるところです。

また、一部では引退後にコーチとして残るのではないかと推測されています。

そこで今回は杉内俊哉選手の引退理由や引退後にコーチとして残る可能性について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

引退理由は怪我による成績不振が原因か?

日本プロ野球界の左のエースと呼ばれていた巨人の杉内俊哉選手ですが現役引退する事を発表し話題となっています。

キレのあるストレートとカーブ、スライダーを武器に活躍されていましたが長い間、怪我に苦しんでいたようです。

2016年夏頃まで手術後のリハビリで実践の登板機会がなく、7月19日に三軍戦で実践復帰したものの2016年、2017年の公式戦には登板していません。

それだけでなく2018年も一軍での登板は無かったようで、怪我に相当苦しめられていた事が分かります。

同世代である和田投手は怪我によって最近の登板機会はありませんが、キレのあるストレートは現在も通用しています。

なので杉内選手も怪我さえなければ長く活躍されていたに違いありません。

スポンサーリンク

引退後はコーチ?

杉内選手の引退報道を受けてネット上では引退後に投手コーチとして残るのではないかと推測されているようです。

このようにコーチとして残って欲しいという声も上がっているようで球団側から誘われている可能性も十分に考えられます。

実績もありますし、コーチとして勿体ないぐらいですが果たしてどうなるのでしょうか。

ちなみに元ホークスの馬原投手は現役時代の怪我がきっかけで引退後は整体師として活躍しています。

同じく、新垣投手は球団スタッフに。

もしかしたら杉内選手も引退後は球団に携わる仕事に就く可能性もありそうですね。

ネット上の反応まとめ!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください