木津屋(荒川区和菓子店)店主の名前は木津英喜と特定!いぶきさんは義理の娘で母親の連れ子だった?


東京都荒川区の和菓子店で起きた冷蔵庫死体遺棄事件で進展が。

ネット上では和菓子店「木津屋」の店主の名前について注目が集まっており木津英喜さんと特定されているようです。

また、いぶきさんは母親の連れ子で自殺理由についても気になるところ。

そこで今回は和菓子店「木津屋」の店主名前や自殺理由について調べてみました!

スポンサーリンク

和菓子店「木津屋」の店主は木津英喜と判明!

荒川区の和菓子店「木津屋」で父親が娘を殺めて自殺した事件でネット上では父親で店主の名前に注目が殺到。

この件について調査すると木津屋の店主の名前は既に木津英喜さんと特定されています。

ちなみに娘のいぶきさんの顔しか報じられていませんがGoogleストリートビューで木津屋の中で英喜さんの顔が写っています。

 

引用:Googleストリートビュー

木津英喜さんの顔がハッキリと写っている画像やFacebookについても調査しましたが画像やアカウントは確認出来ませんでした。

木津屋は有名な和菓子店であんドーナツが人気だったようです。

また、明治神宮にカステラを献上するなど和菓子の老舗として地元住民から親しまれていたお店だったとのこと。

木津英喜さんについて詳しい情報が入り次第追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

いぶきさんは義理の娘で母親の連れ子だった?

自分の娘を殺めて自殺した木津英喜さんですがいぶきさんは義理の娘で母親の連れ子だった可能性が浮上しています。

メディアでも木津いぶきさんが母親の連れ子だと近隣住民が証言している報じており英喜さんは再婚相手だった事が判明。

ちなみに英喜さんはいぶきさんにクラシックバレエを習わせるなど教育熱心だったと知られており、非常に仲が良かったとのこと。

にも関わらず娘に手を掛けた事が信じられませんし情報番組では「自殺を止めようとしたのでは?」とコメンテーターが発言。

当事者2人が亡くなられているため真相は迷宮入りとなりますが、いぶきさんや残された家族が可哀想でなりません。

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください