木村つかまろ・今の写真や名前は?父親の会社や母親のその後についても調査!


2011年10月の大津中2自殺事件で加害者2人に3700万円の賠償が請求されました。

ネット上ではいじめ加害者である木村束麿呂の今の写真や父親の会社、母親の現在について注目が集まっているようです。

また、ニュージーランドに逃亡したという噂もあったらしく真相が気になるところ。

そこで今回は木村束麿呂の今の写真や父親の会社や母親の現在について調べてみました!

スポンサーリンク

木村束麿呂の今の写真は?

2011年10月に加害者3人が同級生を自殺に追い込んだ大津中2いじめ自殺事件。

当時、報道陣に配布された文書に個人を特定できる部分は黒く塗りつぶされていましたが完全では無かった事から加害者3人の名前が特定されていました。

引用:Twitter

2019年2月19日に3700万円の賠償請求が加害者2人に命じられましたがネット上では加害者である木村束麿呂の今に注目が集まっており気になるところ。

木村束麿呂や小網健智の今の写真について調査してみましたが名前を改名しているそうなので情報が全く出回っていませんでした。

木村束麿呂がニュージーランドに逃亡するも入国を拒否されたという噂もありますが真相は不明です。

ちなみに山田晃也に関しては「足立晃也」に名前が変わっているとの情報が。

コンクリート事件の加害者の様に週刊誌や信憑性の高い雑誌として話題の「実話ナックルズ」が数年後に接触を図る可能性があるので今後も話題になるかもしれません。

スポンサーリンク

父親の会社の現在とは?

木村束麿呂の名前が特定された時に父親の名前や会社も特定されていたようで現在はどうなっているのか気になるところです。

父親の名前は「木村真束」であり事件当時は「マヅカ3Dワークス」という会社を経営していたようですが事件後に会社名を

FES株式会社」に変更している事が判明。

さらに、2月19日の裁判では加害者の父親が「男子生徒を思っての暴力だった」と信じられない発言をしておりこれが木村真束の発言ではないかという噂も。

親も子も反省していないようですし、賠償金を支払えば加害者側の罪が帳消しになるので非常に納得がいきませんね。

いじめではなく殺人行為ですし「人殺し」というレッテルを一生背負うべきです。

母親のその後とは?

事件後に木村束麿呂の母親は皇子山中学校の校門前で「息子は無実で被害者」とビラ配りしていたそうです。

引用:http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.

やはり、そういった親の元で育った子には必ず問題があるようですね。

情報によると木村束麿呂の母親は事件前年度のPTA会長で有名なモンスターペアレントだったと言われています。

さらに大津市地域女性団体連合会の会長も務めていたようで事件後は暴言ばかり吐いて反省していなかった事も話題に。

木村束麿呂の現在について調査してみましたが情報が出回っていませんでした。

旦那の会社が京都府左京区にあるので母親も京都にいる可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください