星野仙一の死因や病気は膵臓癌だった?真相について!


楽天の球団副会長を務めていた星野仙一さんが2018年1月4日に亡くなっていた事が分かりました。死因はまだ明かされておらず70歳という年齢でこの世を去ってしまいました。

「燃える男」の愛称で誰からも親しまれていた星野仙一さんですが検索すると関連ワードに「病気 膵臓癌」と表示され星野さんが膵臓癌を患っていたのではないかと推測されているようです。

そこで今回は星野仙一さんの死因や病気について詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​星野仙一のプロフィール

​​名前:星野仙一 (ほしの せんいち)
生年月日:1947年1月22日
没年月日:2018年1月4日
血液型:不明
出身地:岡山県倉敷市
身長:180㎝
出身校:岡山県立倉敷商業高等学校
最終学歴:明治大学
職業:楽天球団副会長、元プロ野球選手
初出場:1969年4月13日
最終出場:1982年10月12日

​​星野仙一の死因や病気は膵臓癌だったのか?

​​最初にも説明したように星野仙一さんについて検索すると関連ワードに「病気 膵臓癌」と表示されますが死因や患っていた病気が何だったのか非常に気になるところです。

突然この世を去ってしまった星野仙一さんですが昨年から激ヤセしていた事が話題になっていたそうで病気を心配する声が沢山上がっていました。

こちらの画像は激ヤセしていた事で話題になっていた時のものですが元気だった頃の星野仙一さんと比べるとゲッソリしている事が分かります。

そこで星野仙一さんが患っていた病気が膵臓癌だったという噂について調べてみたところ膵臓癌という噂は事実ではないとされているようです。

星野仙一さんが膵臓癌を患っているという情報の出所が明らかになっておらず、「激ヤセ」していた事が噂の原因だったのかもしれませんね。

まだ死因は明かされていませんが膵臓癌で亡くなった可能性が高そうですし、がん系の病気だったに違いないと思います。
スポンサーリンク



​​​​
​​糖尿病を患っていたという情報も!

​​どうやら星野仙一さんには膵臓癌の他にも糖尿病を患っていたのではないかという情報もあるようです。

実は星野さんは過去2003年に阪神タイガースの監督でリーグ優勝に導いた事がありましたが高血圧や胃潰瘍、糖尿病などが原因で監督を辞任しシニアディレクターに就任していました。

ちなみに世間一般的には糖尿病を患っている人は癌になりやすいと言われているので糖尿病が癌に繋がったという可能性は十分に高いですね。

今回の死因と何かしらの関係があったのかもしれませんが死因は明らかにされていないので判明次第で追記していきたいと思います。

◯関連記事

星野仙一の韓国人説はガセだった!坂本冬美の子供との関係とは?

最後に

​​星野仙一さんが闘病されていたとは知りませんでしたし正直なところ突然すぎてショックを受けています。

中日ドラゴンズの監督を務めていた時は「闘将」という愛称で親しまれ沢山の野球ファンの方達に野球の楽しさや厳しさを教えてくれましたね。

現在メジャーリーグで活躍している田中将大さんや教え子たちのこれからの成長を見届けたかったのではないでしょうか。

私は星野仙一さんの怒鳴り声と優しい笑顔のギャップが凄く大好きでしたが、それをもう映像でしか見られなくなると考えるとショックです。

本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーリンク



 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください