日航機墜落事故の生存者4人の現在は?証言や原因に自衛隊が関係?


1985年8月12日に発生した日本航空JAL123便墜落事故、通称・日航機墜落事故。

単独機として520人の死者を出しており奇跡的に生存した4人の証言や今現在は何をしているのかについて気になるところです。

さらにヤバすぎる証言や事故原因の真相について数々の仮説が存在しています。

そこで今回は日航機墜落事故の生存者4人の証言や現在について御巣鷹山と心霊の関係や本当の事故原因について調べてみました!

スポンサーリンク

日航機墜落事故とは?

1985年8月12日に乗客と乗員合わせ524人を乗せた羽田空港発伊丹空港行きの日本航空JAL123便が羽田空港を出発し離陸してからわずか12分後に異常が発生。

機体は操縦不能となり迷走を続けましたが異常発生30分後に長野県と群馬県の県境に位置する御巣鷹山へ機体は墜落。

当時はお盆や万博が開催されていた事もあり乗員と乗客合わせて524人が搭乗し満席状態となっていましたが520人が犠牲に、4人の生存者が発見されています。

ちなみに犠牲者の中には、

  • 歌手の坂本九さん
  • 元宝塚歌劇団の北原遥子さん
  • 阪神タイガース社長の中埜肇さん
  • ハウス食品社長の浦上郁夫さん
  • コピーライターの藤島克彦さん
  • 緋本こりんさん

というように沢山の著名人が搭乗し亡くなられていますが明石家さんまさんも搭乗する予定だったのです。

その日、収録が早く終わったさんまさんは1便早い飛行機に乗り換えた事で九死に一生を得ており事件以来、移動の際には必ず新幹線を利用するようになったといいます。

この事故を機に「生きてるだけで丸儲け」という座右の銘になった他、それを略して娘はIMALUと名付けられました。

スポンサーリンク

生存者4人の現在とは?

航空機が墜落するという大事故の中で奇跡的に生存した4人の女性ですが今現在は何をされているのか気になるところです。

当時12歳だった川上慶子さん。

川上慶子さんは事故当時ヘリコプターで救助された時の映像が公開されるなど現在も記憶に残っている方が多いと思います。

事故後は看護師として兵庫県の病院に勤務したそうで1995年に発生した阪神淡路大震災では多くのけが人の手当てをするなど活躍。

趣味のスキューバダイビングをする為、アメリカに訪れた時に現在の旦那と出会い国際結婚されていた事が分かりました。

悲惨な事故の影響で数年間は飛行機に乗る事が出来なかったようですが現在は乗る事が出来るようになったそうです。

 

2人目は落合由美さん。

落合由美さんは事故の際にアシスタントパーサーをしており当日は私用で飛行機に搭乗していたとのこと。

事件後は日本航空で事件関連の仕事に就かれたようですが定年を迎えて退職。

その後は主婦として生活されておりその他の詳しい情報についてはメディアに登場する事がなかったため特定出来ませんでした。

 

3、4人目は吉崎博子さん・美紀子さん親子。

事件当時、母親の吉崎博子さんは34歳で娘の美紀子さんは8歳でした。

生存が確認された時は酷く骨折していたそうですが現在はすっかりと回復し親子で都内に住んでいるという情報がありました。

ちなみに4人の生存者の中にはストーカー行為や嫌がらせを受けた方もいるそうで奇跡的に生存していたにも関わらず、なぜ嫌がらせが出来てしまうのか神経が分かりません。

事故原因には都市伝説が沢山

御巣鷹山に墜落した日本航空JAL123便ですが事故原因について航空事故調査委員会は墜落する7年前に発生した尻もち事故の際にボーイング社が行った修理にミスがあったと発表。

これが原因で客室と機体尾部を隔てる後部圧力隔壁が破壊され事故が起きてしまったと認定されています。

しかしネット上では本当の事故原因は他にあると様々な都市伝説や憶測が出回っており真相が気になるところ。

そこでネット上で出回っている事故原因の仮説をまとめてみました!

  • 自衛隊による誤射説
  • 米軍による誤射説、撃墜説
  • 日本製OSトロンの技術者17名を狙い、墜落させた説
  • お盆で霊から呼び寄せられるように墜落した説

この他にも沢山の仮説が存在していますがデマの可能性も高いようです。

ちなみに墜落後の現場の様子が不自然だったという情報もあり現場に駆けつけた民間人の証言がヤバイ内容となっています。

  • 公式発表でまだ発見されていない墜落現場に自衛隊員が100人来ていた。
  • 自衛隊員は人命救助よりも何かの回収を優先
  • 50名ほどの生存者がいたが1時間後に声が聞こえなくなる

墜落現場ではバラバラになったご遺体が散乱しており、墜落時の衝撃は広島に投下された原爆の30倍と言われていました。

遺体が酷く焼けて損傷していたにも関わらず周りの木々は軽く焦げていただけでした。

この事からネット上では現場にいた自衛隊が火炎放射器で生存者を焼き払ったのではないかとも噂されています。

さらに命令を無視して人命救助にいこうとした自衛隊が射殺されたという話もあり事件当時NHKが報じますが、不可解にも誤報だったと訂正されたようです。

ただ、これらはあくまでも仮説であり真相は現在も謎に包まれたままなのです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください