日本体操協会パワハラ問題の黒幕は塚原千恵子でカネ目的だった?


8月29日に女子体操選手の宮川紗江さんが会見を開き、パワハラ問題の真相や衝撃の事実について語りました。

全日本体操協会の塚原千恵子強化本部長からパワハラを認めないと五輪に出られなくなると圧力を掛けられていた事が判明

これを受けてネット上では日本体操協会パワハラ問題の黒幕が塚原千恵子強化本部長ではないかと話題になっています。

そこで今回は宮川紗江選手の会見内容やパワハラ問題の黒幕が塚原千恵子さんである可能性について調べてみました!

スポンサーリンク

会見で衝撃事実が発覚!

8月29日に会見を開いた宮川紗江選手はパワハラ問題について言及しました。

速見佑斗コーチが宮川選手の髪を引っ張ったり馬乗りになって暴行していたとの報告がされていましたが、事実でないと説明。

さらに日本体操協会側から、

練習でNTCを使用したいのであればパワハラを認めてコーチと距離を置け。

とパワハラを受けていた事を明かした他にも塚原千恵子強化本部長から、

パワハラを認めなければ五輪に出られなくなるよ?

と言われていたことも明かし、東京五輪出場という目標を利用して速見佑斗コーチから引き離そうとしていた事が判明。

宮川選手は世界選手権や五輪でメダルを獲得できる選手だと言われてきたため朝日生命に入れば利益が出て宮川選手を朝日生命に入れるためには速見コーチの存在が邪魔になり今回のパワハラ問題が起こったと語りました。

◯関連記事

日本体操協会会長、二木英徳の顔画像や経歴は?家族や塚原夫婦とグルの可能性についても!

スポンサーリンク

黒幕は塚原千恵子?

塚原千恵子強化本部長は宮川選手に対して「パワハラを認めろ」と圧力をかけていた事から黒幕ではないかと言われています。

Twitter上でも塚原強化本部長が黒幕と噂されており今後は塚原千恵子がマスコミの餌食になりそうです。

塚原千恵子強化本部長は朝日生命体操クラブ女子チームの監督であり、宮川選手を引き抜いて、どうしても自分のチームに入れたかったのでしょうか。

また、日本体操協会の会長は塚原千恵子の夫でありグルだった事になるのです。

会長や強化本部長たる者が事実を隠蔽していたとは日本大学と同レベであり、卑怯な大人たちによって宮川選手が選手生命の危機に晒されています

絶対に許すことのできない問題ですね。

◯関連記事

塚原千恵子の経歴がヤバい!旦那の光男や息子の名前や顔画像についても調査!

宮川紗江のほくろがブサイクと言われる理由は?パワハラの真相は日本体操協会にあり?

塚原千恵子が入院して逃げる可能性は?宮川紗江に対しての宗教発言が酷すぎる!

スポンサーリンク

Twitter上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください