日大理事黒幕の井ノ口忠男と山口組の関係は?息子や大阪のビルについても!


日大アメフト部悪質タックル問題が現在も長引いていますが黒幕とされている理事長X氏が井ノ口忠男さんと特定され話題です。

ちなみに井ノ口忠男氏には息子がおり日大アメフト部のコーチだった事が判明し、名前や顔画像が気になるところです。

さらに井ノ口忠男氏が所有する大阪のビルは一体どのような会社が入っているのか真相が気になります。

そこで今回は井ノ口忠男氏の息子の名前や顔画像、所有する大阪のビルについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

日大アメフトの黒幕は誰?

日大アメフト部のタックル問題が現在も話題になっていますが黒い存在とされる理事長Xが新たに登場し注目されています。

その理事長Xとされているのが井ノ口忠男氏

井ノ口忠男氏は悪質タックル問題で宮川泰介選手と父親、部員らに、

日大をあげて潰すぞ!」と脅迫まがいのような口封じをしていた事が判明。

また、過去に日本大学に問題が発生した際に関わった弁護士によると日本大学には黒い力があり非常に恐れられている人物がいるとの事で名前は言えないと告白。

さらに大学関係者も理事の名前を出したら身の危険が及ぶと恐れているようです。

この黒い存在というのが井ノ口忠男氏で日大の理事ではあるがバックに暴力団が付いているのではないかと話題になっています。

大学関係者や弁護士も恐れているという事は確実に暴力団との深い親交があり田中理事長は山口組との繋がりが発覚しましたが井ノ口氏も山口組と何らかの関わりがある可能性が高そうです。

スポンサーリンク

息子は日大アメフトのコーチ

名前を出したら身の危険が及ぶと恐れられている井ノ口忠男氏ですが息子が日大アメフト部のコーチをしていたことが判明。

名前は井ノ口悠剛氏で平成25年に日本大学の職員として採用されており日大アメフト部のコーチを務めています。

日大アメフト部時代にはキッカーとして有名で2011年に行われた日本大学対国士舘大学の試合では56ヤードFGを成功させ関東学生連盟の新記録だったそうです。

ちなみに父親である井ノ口忠男氏は元日大アメフト部のキャプテンで日本代表に選ばれるという華々しい経歴を持ち、息子もDNAを引き継いでいたみたいですね。

田中理事長は井ノ口忠男氏を信頼しているため息子の悠剛氏も関わりがあり田中理事長の運転手を務めているんだとか。

運転手を務めさせているという事は非常に気に入られている事が分かります。

つまり黒い存在の息子で理事長からも気に入られていたとなると日大関係者の中では影で権力を持っていたことになります。

◯関連記事

日大理事X氏は井ノ口忠男?顔写真や経歴についても!

井ノ口忠男の姉は橋本稔子で顔画像は?田中理事長夫妻のお気に入りだった事が判明!

井ノ口忠男が所有する大阪のビルとは?

大阪にビルを所有しているとされる井ノ口忠男氏ですが一体どんなビルなのか。

この件について調査したところ、

「株式会社チェススポーツ」

という会社が入っておりゴルフ大会の運営や近藤真彦さんのレーシングチームの広告代理業をやっているようです。

こちらがホームページです。

株式会社チェススポーツHP

2014年で更新がストップしているそうなので現在の仕事内容が不明でした。

ちなみに井ノ口忠男氏が所有するビルの1回には井上コーチの両親が経営する洋菓子店が入っておりズブズブな関係のようです。

しかしタックル問題で事実上、永久追放という処分を下されたので実家の洋菓子店はどうなぅてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください