新庄剛志の金銭トラブルの相手は叔父だった!内容がヤバすぎる?


3月21日に放送される「今夜くらべてみました」に元プロ野球選手の新庄剛志さんが出演し過去に起きた金銭トラブルの内容について説明するそうです。

そんな新庄剛志さんと金銭トラブルを起こした相手は一体誰なのか気になるところです。

ネット上ではトラブル相手が叔父と言われているようですが叔父がどんな人物なのかについても気になりますね。

そこで今回は新庄剛志さんの金銭トラブルの内容やトラブル相手の叔父について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

金銭トラブルの相手は誰?

​​2017年に放送された「しくじり先生」に出演した新庄剛志さんは過去に金銭トラブルにあっていた事を告白していました。

金銭トラブルの相手は「新庄の大阪の父」と自称していた叔父だったのです。

叔父は母親の姉の旦那さんで当時は建設会社を経営しており新庄さんが阪神タイガースに入団した時には叔父が世話をしてくれていたそうです。

世話になっていた新庄さんは叔父を心から信頼していたため新庄さんの個人事務所「新庄ゴーエンタープライズ」の役員と監査役を任せていました。

スポンサーリンク

​​金銭トラブルの内容がヤバイ!

​​2007年に嫁の大河内志保さんと離婚することになった新庄さんは慰謝料として3億円請求されても楽勝!と思っていましたが何故か支払える資金がありません。

新庄さんが野球選手として稼いだお金は約50億円でしたが税金で引かれても22億円は手元に残るはずなのに何故かお金が消えている。

資産管理を任せていた叔父に資産状況を尋ねると叔父が横領していた事が発覚。

漁海委託費名目で約2億3000万円、
貸付金名目で1億6000万円、
合計で3億9000千万円を自分が経営する建設会社に流していたようです。

使うに使われて残ったのは2200万円

新庄さんは横領されたお金の返金を叔父に求めましたが一切応じる事がなかったため経営する会社に対して民事訴訟を起こしました。

最終的に戻ってきたのは8000万円で叔父はその後自己破産しておりお金を全て取り返す事は出来なかったのです。

いくら人を信頼していたからといって全財産を他人に預ける新庄さんもどうかと思いますが信頼している人間でも裏切らないとは限らないという事を見に染みて分かりました。

 薬でろれつが回らない噂の真相!

新庄剛志さんといえば以前から薬の噂が流れていて、その影響あってか「ろれつが回っていない」との噂もあるようです。

新庄さんはプロ野球を引退してから肌を焼いており薬物で逮捕された清原和博さんと親交があった事や日ハム時代に野村投手とチームメイトだったことが薬の噂に繋がっているようです。

ろれつが回っていないのは薬の影響だと言われている新庄さんですが実は昔から滑舌が良くないのは有名でインタビューでも聞き取りづらいという声がネット上ではよく上がっていたみたいですね。

なので新庄さんは薬でろれつが回っていないのではなくて元から滑舌が良くない影響でそのように聞こえるだけでした。

◯関連記事

新庄剛志の新彼女がモデル説は本当?嫁の再婚説についても!

新庄剛志の薬とバリ島の関係とは?現在の収入源についても!

新庄剛志のバリ島の自宅場所はどこ?ウブドの噂は本当か!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください