新元号「令和」の由来!万葉集の原文や32種の序文全文は?


2019年4月1日に新元号が「令和」と発表され大きな話題となっています。

万葉集が出典という事でネット上では万葉集の原文や序文全文について注目が集まっており気になるところです。

そこで今回は令和の万葉集の原文や序文全文について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

新元号は「令和」に決定!

2019年4月1日午前11時40分頃に新元号は「令和」であると発表されました。

万葉集から出典したとのことで5月1日から令和1年を迎えるようです。

新元号まで、あと1ヶ月ありますが平成はあと1ヶ月しかないと考えると時代の流れを早く感じてしまいますね。

スポンサーリンク

32種の序文の原文は?

「令和」の出典が万葉集からで由来は万葉集の梅の花の歌、32種の序文にある文章から引用したという事でネット上では32種の序文の原文について注目が集まっています。

32種の序文の原文がこちら。

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。             出典:万葉集入門

 

ネット上の一部情報によると「令和」は時に初春の令月にして、気淑く風和義、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らすという文から採用されたのでは?という噂も。

◯関連記事

令和をエスペラント語に翻訳してはいけない理由がヤバイ!令和18年はR18指定?

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください