後藤真希の元カレB氏は略奪婚を計画していた?旦那の刺青説が噂された理由についても!


週刊文春の報道で大きな話題となっているゴマキこと後藤真希さんのアパ不倫。

メディア情報を受けて後藤真希さんの元カレが略奪婚の計画が失敗して週刊文春に売ったのではないかという噂が浮上。

さらに旦那である中谷滋博さんについて検索すると関連ワードに「刺青」と表示され真相が気になるところです。

そこで今回は後藤真希さん元カレ略奪婚計画説や旦那の刺青説について調べてみました!

スポンサーリンク

不倫相手の元カレが略奪婚を計画していた?

週刊文春によって報じられたゴマキこと後藤真希さんによるアパ不倫ですが不倫相手である元カレが略奪婚を計画していたのではないかと話題になっているようです。

後藤真希さんは夫婦関係の愚痴を言ってそれを聞くのが元カレだったのですが、LINEでの生々しいやりとりが元カレを本気にさせてしまった証拠となっています。

①元カレと会う前のLINE

(夫から)電話来なきゃいいけど。でるまでかけてくるからね。ラインも返事しないとスタンプ連続だよ。束縛ひどいよね。

私の行くところ、やること、前もって一つ一つ話さないといやみたい。詰まる。

不倫関係になった後のLINE①

人間じゃないだの、狂ってるだの、ののしられまくって、だったら人間やめてやるから待ってなよってなって。あちこちアザできて。もう無理だったのよ。

不倫関係になった後のLINE②

でもね、私はもう決めたよ。我慢する。一年間くらいかけて準備する。

 

後藤真希さんの旦那は2人が会う前に元カレに対して「妻に近づくな」と警告。

元カレは後藤真希さんから婚姻関係は破綻していると告げられており、警告を無視して体の関係を結んでしまったようです。

警告を無視してまでも後藤真希さんに会った事からネット上では元カレが略奪婚を計画していたのではないかという声が。

しかし、不倫がバレた結果、後藤真希さんは旦那と仲直りし、不倫相手の元カレは逆に訴えられてしまう始末。

本気にさせてしまったのは後藤真希さんであり、婚姻関係が終わっていると言っていたにも関わらず、旦那と簡単に和解し、旦那側についた事から元カレは週刊文春に売ったと言われています。

簡単に言えば元カレは遊ばれてしまったようなものであり可哀想ですよね。

◯関連記事

後藤真希の不倫相手B氏(元カレ)は誰?旦那は中谷滋博で顔写真についても!

スポンサーリンク

旦那・中谷滋博に刺青説が噂された理由とは

後藤真希さんの旦那は中谷滋博さんと名前が特定されていますがネット上では刺青があるのではないかといった噂が存在しています。

この件について調査したところ後藤真希さんの弟・佑樹さんが関係しているようです。

佑樹さんの両腕にビッシリと彫られた刺青画像が出回っており、後藤真希さんの旦那は佑樹さんの後輩で地元も一緒だったのです。

この事から元ヤンの佑樹さんの後輩だった旦那も体に刺青があるのではないかと噂になったようですが、決定的な証拠は見つかっておらずデマと言われています。

後藤真希のプロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#まきふく 春めいてきたので @mylanka_fsf のデニムロングで✨ @casa_fline @lowrysfarm_official

後藤真希さん(@goto_maki923)がシェアした投稿 –

名前:後藤真希 (ごとう まき)
愛称:ゴマキ、ごっちん
生年月日:1985年9月23日
年齢:33歳
血液型:O型
出身地:東京都江戸川区
身長:159㎝
体重:43㎏
最終学歴:日出高等学校通信課程中退
職業:モデル、タレント、元アイドル
活動期間:1999年〜
所属事務所:エイベックス・マネジメント

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください