強姦冤罪事件の検事・山吉彩子の顔画像や現在の職業は?裁判長の名前も特定された件!

スポンサーリンク

75歳男性の強姦冤罪事件で当時取り調べを担当していた検事に批判が殺到しています。

ネット上では山吉彩子検事の顔画像や現在の職業について注目が集まっており真相が気になるところです。

そこで今回は強姦冤罪事件の原因である山吉彩子元検事の顔画像や現在の職業についてや裁判長らの名前について調べてみました!

スポンサーリンク

強姦冤罪事件で山吉彩子検事も原因だった!

大阪市で同居していた当時11歳の孫娘に対して性的暴行、14歳だった2008年にも性的暴行を加えたとして当時65の男性が逮捕されていました。

2009年に大阪地裁で裁判長が「14歳の少女が被害をでっちあげるのは考え難い」という一方的な理由で懲役12年の判決を下します。

翌年には加害者側の弁護士が求めていた診療記録や取り調べの再尋問を申し入れますが大阪地裁が控訴を棄却し2011年に系が確定。

2014年に被害女性が嘘だったと告白したことで男性は釈放され無実が証明されましたが取り調べで女性検事が男性の主張を全く聞き入れずに取り合っていなかった事が判明。

被告の主張を全く聞き入れなかった2人の裁判長と思い込みの激しい女性検事によって無実の男性は人生を潰されたのです。

スポンサーリンク

山吉彩子検事の顔画像や現在の職業とは?

取り調べで「絶対に許さない」と言い放ち男性の主張を完全無視していた山吉彩子検事。

この失態にネット上では山吉彩子検事の顔画像や現在の職業について注目が集まっており気になるところです。

顔画像について調査してみましたが残念ながらネット上には出回っていませんでした。

検察側の人間なので顔がネット上に出回るといった事は絶対にないと思いますし謝罪会見を開かない限り顔は分からないでしょう。

ちなみに山吉元検事は現在、

司法研修所の検察教官を務めているようで過去には東京地検検事の中で、

  • 証券取引等監視委員会事務局証券調査指導官
  • 新潟地検長岡支部長

という肩書きだったとのこと。

また、情報によると2010年から検事を務めているようで年齢や詳しい情報については情報が出回っていませんでした。

山吉元検事について新たな情報が入り次第早急に追記させていただきます。

スポンサーリンク

冤罪事件を成立させた3人の責任はどうなる?

一方的な理由や自分の感情だけで強姦冤罪事件を成立させてしまった2人の裁判長と女性検事ですが、責任はどうとるのか。

このように山吉元検事だけでなく裁判長2人の名前も特定されていますし、無実な人間の人生を奪った訳ですから同じように処罰されないと誰も納得いかないと思います。

被害にあった男性と同じように6年間刑務所で生活するのが妥当ですが裁く側は一切責任を取らないみたいですし、ある意味逃げ得状態なのかもしれません。

警察側のミスによる冤罪事件は沢山起きていますが、警察は自身のミスを絶対に認めませんし頭を下げる事も無いそうです。

今回のケースもそうですがミスしたからにはしっかり謝罪してもらわないと、決めつけられた側は納得なんてしませんよね。

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください