市橋達也の現在や顔について!両親や姉の現在とは?


2007年に市橋達也容疑者が起こしたイギリス人女性殺害事件ですが11年経った今でも事件の悲惨さが語り継がれています。

市橋達也は961日間の逃走の末、逮捕されていますが現在はどうしているのか事件後に両親や姉はどうなったのか気になりますね。

そこで今回は市橋達也容疑者の現在や両親や姉のその後について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​市橋達也容疑者の現在や顔画像!

2007年3月に市橋達也容疑者はイギリス人英会話講師であったリンゼイ・アン・ホーカーさんを暴行して殺害した容疑で指名手配され2009年11月に逮捕されました。

2012年4月に市橋容疑者は無期懲役の判決が下され現在も刑務所生活を送っています。

ちなみに市橋容疑者が収監されているのは長野刑務所でホリエモンこと堀江貴文さんも収監されていた場所のようです。

現在の顔画像について気になるところですが収監されていますし顔画像は一切出回っていませんでした。

おそらく逮捕された時の顔のままだと思われますが美容整形や自己整形をしていたので顔が多少崩れているかもしれません。

スポンサーリンク

​​市橋達也の両親や姉のその後は?

​​市橋達也容疑者の父親は愛知県一宮市の一宮病院の外科部長で母親は歯科医をやっていたそうですが息子の事件を機に両親ともに仕事を辞めて岐阜県の実家に静かに暮らしているとの情報がありました。

両親は息子が事件を起こして逃走を図っている中でも亡くなられたリンゼイさんに謝罪の手紙を何度も送り、来日する際には費用を全額負担するなどしていたそうです。

市橋容疑者が美容整形や逃走し続けれたのは両親の金銭的援助があったからなのではないかといった噂が流れましたが父親はきっぱりと否定し逮捕を望んでいたとコメント。

父親に関しては韓国人説があるようですが真相については謎に包まれているようです。

また市橋達也容疑者には医師だった姉がおり婚約していましたが事件を機に婚家から離縁されてしまったとされています。

市橋達也が罪を犯したせいで家族は人生を奪われてしまい現在は周囲を気にしながら密かに生活を送っていますので相当恨んでいることでしょう。

​​市橋達也の逃亡生活について

​​市橋達也容疑者の逃走当時の所持金は5万円で事件発生直後は青森、秋葉原、埼玉、静岡、新潟に潜伏していたと言われています。

コンビニや駐車場の監視カメラを巧妙に避けて辿り着いた先は青森県。

情報によれば市橋容疑者は青森県でホームレスとして身を潜めようとしていたそうです。

しかし逃走先である青森県は4月でも気温は時に氷点下になるなど切羽詰まった状態の市橋にとって逃亡生活を続けれるような環境ではありませんでした。

5万円の所持金も底をつき、働く事を決意した市橋は顔を変えるため特徴的だった下唇をハサミで切り落とし、縫い針と糸を使って麻酔なしで自己整形手術を行い人相を変えていたと言われています。

市橋は大阪や兵庫で土木建築作業員として住み込みで働いてお金を貯め、沖縄本島の西に位置するオーハ島に逃亡しました。

オーハ島の密林地帯にあるコンクリートブロックの小屋で自給自足の生活を送っていた市橋は釣った魚や蛇を食料にしており市橋は逃走途中で図書館でサバイバル術を勉強していたようです。

また仕事で貯金した金で美容整形手術を行なっており逃走時の顔と別人になっています。

逃げ切るために美容整形で顔を変えていた市橋達也でしたがフェリー会社の職員が市橋の存在に気づいて通報し2年7ヶ月の逃亡生活が終わりました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください