岡野雅行の嫁が綺麗すぎる!伝説がヤバイ!


10月2日に放送される「深イイ話2時間SP」に元サッカー選手の岡野雅行さんが出演します。
番組では岡野雅行さんの家族に密着し44歳には見えない美しい奥様と一人娘のセナちゃんを紹介するそうです。

岡野雅行さんといえばサッカー界のレジェンドで野人の愛称で親しまれていましたが現在はプロサッカーチーム、ガイナーレ鳥取のGMを務めているようです!

そこで今回は岡野雅行の美人な奥様についてや岡野雅行さんが残した伝説について詳しく調べてみました!!

スポンサーリンク



​岡野雅行のプロフィール

FDFBDDA5-F82C-4B56-B40D-86CCB63058F1.jpg
​引用:https://www.life-rhythm.net/yajinokano_column04/

​名前:岡野雅行  (おかの まさゆき)
愛称:野人
生年月日:1972年7月25日
年齢:45歳
出身地:神奈川県横浜市
身長:175㎝
体重:71kg
ポジション:ミッドフィルダー、フォワード
職業:ガイナーレ鳥取代表取締役GM

岡野雅行さんが野人と呼ばれるようになった理由は海外遠征の時に他のチームメイトがスーツ姿でしたが岡野さんはタンクトップ短パンサンダル姿で登場し、長髪を振り乱してボールを追う姿が人間離れして見えたからだそうです。

岡野雅行さんは小学中学とサッカーに夢中で卒業後はブラジルへサッカー留学したいと考えていましたが両親に反対され親戚の勧めで島根県松江市にある松江日本大学高等学校へ進学することに。

しかし同校のサッカー部には部員が2人しかおらず岡野雅行さんはキャプテン兼監督として部員の勧誘から始めました。
部員のほとんどは高校からサッカーを始めた人でしたが岡野さんの指導によって島根県で3位までのチームに成長。

岡野さんは日本大学へ進学すると俊足を生かしたプレースタイルに変えた事で劇的な変化を遂げました。
ちなみに岡野さんの当時の100m走のタイムは10.8秒だったそうです。
岡野さんは大学3年で中退し浦和レッズへ入団すると野人の愛称でしたしまれ2013年に現役引退しています。

現在はガイナーレ鳥取の代表取締役GMとしてチームを率いています。

​岡野雅行の嫁が綺麗だと話題に!


​現役時代は野人と呼ばれていた岡野雅行さんですが嫁さんが綺麗すぎると話題になっているようで
岡野さんの奥さんは岡野裕子さんという方です。

裕子さんは岡野雅行さんが昔から付き合っていた彼女で一度破局していましたが1997年の「ジョホールバルの歓喜」の試合でVゴールを決めた際に裕子さんからゴール見ました。という留守電が残されており、それがきっかけで2人は復縁したそうです。

そんな岡野裕子さんがこちら!
FAE1F799-CB6B-4A61-B8D6-54E62719A7C2.jpg
​引用:http://kinonoheya.blog.so-net.ne.jp/2014-05-30

こちらの画像は結構前の物かもしれませんが凄くお綺麗ですよね!
裕子さんの現在の年齢は44歳との事ですが、変わらず綺麗な事に間違いなさそうです。

それにしても岡野雅行さんが放ったゴールがきっかけで復縁するってドラマみたいですよね!

現在は鳥取で一人娘のセナちゃんと3人で幸せに暮らしているそうです。


スポンサーリンク



​岡野雅行の伝説とは?

​調べてみたところ岡野雅行さんが残した伝説は沢山あったので紹介していきたいと思います!

その1
岡野さんは自分が産まれる時に胎内で暴れすぎてへその緒が首にからまって窒息死しかけていたそうで母親も出欠多量で危険な状態でした。
医師から「母子のどちらをとるか」と言われ父親は泣き崩れながら妻を助けると決断しましたが、その時分娩室で岡野さんがスルリと産まれてきたそうです。

​その2
​中学時代の岡野雅行さんの学力は低く、地元の底辺高校で不良になるよりはと考え親戚の勧めで島根県の松江日本大学高等学校に入学。
入学式当日に周りの生徒が特攻服にマスク姿だった為、凶悪な不良の更生施設だった事に入学して気づいたそうです。

校舎では教師が竹刀を振り回し、寮では先輩がチェーンを振り回しており岡野雅行さんは6時の門限を守らなかったという理由で前歯4本を折られたそうです。

またトイレの窓を開けるとブザーが鳴り、脱走者が出ないように厳重に警戒されていました。

​その3
​サッカー部員を20人以上集める事に成功したが、サッカーの経験者は1人もおらず元暴走族の人達ばかり。

顧問教師は陸上が専門だったが岡野雅行さんが監督兼選手として練習メニューや戦術などを指導していたようです。
不良学校すぎた為に練習試合を引き受けて貰えなかったが、水産高校が引き受けてくれるも遠征した時に引き受けた理由が判明。
相手チームの校舎の窓ガラスは全て割られており壁は落書きだらけだったそうです。

いざ試合が始まるとボールを蹴るのではなく人を蹴り始める両チーム。

すると援軍のように校舎からヤンキーが流れ込んで来るも、岡野さんの高校は全国から喧嘩慣れした不良が集まっているので、サッカーのスコアは0対0だったが喧嘩では岡野さんのチームが勝利し、それがサッカー部が出来て初の勝利だったそうです(笑)

岡野雅行さんは不良軍団を見事に鍛え上げ、島根県大会で決勝に導いています。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください