山田浩二はバイセクシャルで生い立ちがヤバすぎる!前科や本名についても調査!


2015年に当時中学1年生だった男女を殺害し逮捕された山田浩二被告。

そんな山田被告ですがバイセクシャルだった事が判明しているようです。

さらに生い立ちや本名、前科歴などについても注目が集まっており真相が気になります。

そこで今回は山田浩二被告のバイセクシャル説や生い立ち、本名や前科歴について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

山田浩二のプロフィール

名前:山田浩二 (やまだ こうじ)

生年月日:1970年

年齢:48歳

出身地:大阪府枚方市

職業:元除染作業員

生い立ちがヤバすぎる!

山田浩二被告は大阪府枚方市の公営団地で幼少期を過ごしていました。

中学2年生の時に枚方市内の一戸建てに引っ越しており小学時代の同級生が山田被告の異常性を証言しているのです。

小学生時代の山田被告

  • 虫を殺して女子に投げつける
  • 他人の上履きをドブに捨てる
  • スーパーの商品を箱ごと万引き
  • レジを丸ごと引きちぎる

それだけでなく中学時代には窃盗で鑑別所に1年間過ごしており、高校には進学せずバイクで暴走を繰り返していたといいます。

過去に17歳の少年に対する監禁容疑で徳島刑務所に収監されていましたが獄中での異常性ぶりから嫌われ者だったそうです。

工場の物をよく盗んだり他人のタオルをトイレに流しては困る様子を見て喜んでいたとされています。

また、中学卒業後には高熱アイロンを友人の皮膚すれすれまで近づけて嫌がる様子を見て喜ぶなどサイコパス的一面があったのです。

中学生2人を殺害した事件でも否定し、死因について、

  • 同僚が殺害した
  • 熱中症で亡くなった

と主張している事を考えると完全なサイコパスと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

本名や前科歴について!

山田浩二被告は名前が二回変わっているそうで出生名は「金 浩二」だと言われています。

この事からネット上では在日韓国人で帰化したのではないかと推測されています。

しかし2002年3月に大阪府寝屋川市で少年2人を監禁し逮捕された時には「渡利浩二」という名前だったそうです。

ちなみに寝屋川事件で山田被告は当時中学2年生だった男子中学生2人に手錠を掛けて車に監禁しており監禁や強盗の疑いで逮捕

その他にも17歳の少年を監禁していた事件も起こしており懲役12年で刑で徳島刑務所に収監されています。

そこで山田被告は元ヤクザの山田という男性と知り合い、養子縁組をした事によって山田姓を名乗るようになったそうです。

山田被告と養子縁組した男性は年齢が1歳しか年齢が離れておらず人生をやり直すための助言があったんだとか。

2014年に出所するも翌年に中学生の男女を殺害するとは異常すぎます。

バイセクシャルだった件!

男女の中学生を監禁して殺害した山田被告ですがバイセクシャルだった事が判明し過去のエピソードがヤバイと言われています。

同級生によると山田被告は10代の時から男性器に異常なほど興味を持ち、しゃぶりたいと発言していたようです。

また、2015年に起こした事件では男子中学生の口を粘着テープで塞ぎ、ズボンに手を突っ込んで性的ないたずらをしていたのです。

男子中学生のズボンのポケットには山田被告の精◯入りの避妊具が入っていたそうです。

過去の前科を見ると少年ばかりを狙った卑劣な犯行が多く、日頃から好みの少年を物色していたのではないかと推測されています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください