小林麻耶が子宮系女子に洗脳されている?ジェムリンガが危険で被害者が多い件!


イケメン整体師でヨガインストラクターの男性と結婚し話題となった小林麻耶さん。

そんな小林麻耶さんが結婚するきっかけとなった子宮系女子というイベントの実態や怪しい宗教で洗脳されているのではないかと話題になっています。

さらにジェムリンガを用いたメソッドが危険かつ宗教団体の被害一覧がヤバイんだとか。

そこで今回は小林麻耶さんがハマっている子宮系女子の実態や宗教の被害について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

子宮系女子とは一体?

小林麻耶さんがどハマりし、旦那である國光吟さんと出会うきっかけとなった子宮系女子ですが実態が怪しいと話題です。

子宮系女子とは、

子宮を大切にすることで全てが好転する、又は子宮の声を聞く事で健康や人間関係が改善され、お金から何でも手に入るという思想を持った女性の事を言います。

また、子宮系女子に入会した女性はジェムリンガというパワーストーンを膣に入れておりそうする事によって男女関係や人間関係が改善するというメソッドのようです。

このパワーストーンは子宮を温めるだけでなく月経血がコントロールできたり妊活が円滑になると教えられているとのこと。

スポンサーリンク

子宮系女子は危険だった!

子宮系女子がジェムリンガを用いて行うメソッドですが、この行為自体が危険で意味がないと言われているのです。

ジェムリンガを入れるという行為は秘部から出てこなくなったり炎症を起こすなどの危険性があるため、多くの医療関係者が指摘。

また、高須院長もTwitterで警告。

そしてジェムリンガの原料は衛生材料といった医療材料でもないため危険であり、パワーストーンたるものを入れっぱなしにする行為が本当に必要なのかと指摘されています。

確かにパワーストーンなら子宮の上の位置に置くだけで効果に期待が持てそうですが、わざわざ中に入れるのは不自然です。

子宮系女子の子宮委員長と呼ばれている「はる」という人物が若い男性らと戯れる写真が流出している事で、小林麻耶さんが洗脳されているのではないかと言われています。

子宮系女子の被害は?

数年前から子宮系女子が急増していたようですが被害に遭われた方が多いそうです。

子宮系女子に深くハマってしまうと、

  • セッションセミナーへの参加
  • 海外セミナー旅行ツアーへの参加
  • 女性性に関する他の高額グッズの購入
  • 教団トップ女性へのプレゼント

という流れになっており、

  • 金銭被害
  • 健康被害
  • 精神被害

このように様々な被害に遭われた方が多くいることからヤバ目の宗教団体とネット上で話題になっているそうです。

 

小林麻耶さんと子宮系女子の出会いは何だったのでしょうか。

妹である小林麻央さんが癌に悩まされ、麻耶さんが体調を崩して精神的に不安定だった時期に子宮委員長である「はる」さんと知り合った事で子宮系女子にハマったようです。

はるさんが男性と戯れる写真や被害者が多いという事で小林麻耶さんが信者になってしまった可能性が高そうですね。

◯関連記事

小林麻耶の結婚相手の名前は國光吟で顔画像や経歴は?怪しい&胡散臭いと言われる理由に子宮系女子が関係か?

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください