小林よしひさ(よしお兄さん)の抱っこ亡くなった子とは?今後は声優やナレーションに挑戦?


元体操のお兄さんで結婚していた事が分かったよしお兄さんこと小林よしひささん。

そんな小林よしひささんについて検索するとサジェストに「抱っこ 亡くなった子」と表示されますが一体どういう事なのか。

さらに経歴や今後は声優、ナレーションをする可能性についても気になるところ。

そこで今回は小林よしひささんと抱っこ亡くなった子の関係や、経歴、今後の活動内容について調べてみました!

スポンサーリンク

抱っこ亡くなった子との関係や真相について!

最初にも説明したように小林よしひささんについて検索すると「抱っこ亡くなった子」とサジェストが表示されます。

ネット上ではよしお兄さんが抱っこしていた子が亡くなったと言われているようですが詳しく調べてみると、理由が判明。

2017年1月に放送された「おかあさんといっしょ」でよしお兄さんは女の子を抱っこした状態で出演していました。

その女の子は難病の影響で下半身が不随であり難病でも収録に参加できるという事を諦めて欲しくないという思いから応募し、見事当選を果たしていたのです。

2016年12月に収録、2017年1月26日に放送されたしたが女の子は小児がんで放送日を迎える前に亡くなられています。

ちなみによしお兄さんは女の子を収録中に抱っこし続け、だいすけお兄さんはカメラが回っていない時でも優しく話しかけるなど女の子はとても楽しんでいたようです。

スポンサーリンク

今後は声優やナレーションに挑戦する可能性?

体操のお兄さんを卒業して「浅井企画」に所属したよしお兄さんさんですが今後の活動内容に注目が集まっています。

4月16日に放送される「さんま御殿」に出演されますし、今後はバラエティ番組の出演が増えるのではないかと予測できますね。

ちなみに4月に16日放送の「スッキリ」では”自分は声に特徴があるので声優やナレーションに挑戦したい“と今後の活動について意気込みを語られていました。

よしお兄さんといえば高い声が特徴的でブンバボン!のダンスや声は忘れられません。

このように頭に残る印象的な声をされているので是非、声優やナレーションに挑戦してほしいですし、早く作品が見たいですよね!

小林よしひさのプロフィール

名前:小林よしひさ (こばやし よしひさ)

愛称:よしお兄さん

本名:小林剛久 (こばやし よしひさ)

生年月日:1981年6月29日

年齢:37歳

血液型:AB型

出身地:埼玉県ふじみ野市

身長:175㎝

出身高校:埼玉県立朝霧高等学校

最終学歴:日本体育大学体育学部

職業:タレント、元体操のお兄さん

活動期間:2005年〜

所属事務所:浅井企画

小林よしひささんは埼玉県立朝霧高等学校の出身で剣道部に所属、卒業後は日本体育大学に進学し体操学部に所属されています。

ひろみちお兄さんこと佐藤弘道さんは大学時代からの先輩であり2005年4月1日から、ひろみちお兄さんからバトンタッチ。

14年間に渡り「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんを務め、卒業後はブログ開設や自身の会社を設立した他、浅井企画に所属して今後の活躍に注目が集まっています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください